2008年08月31日

「ペディキュア」輝く・つるつるの基本ケア 

ひと手間で差がつく
   超簡単角質のお手入れテクニック!

ステップ 1 洗面器にお湯を張り、足をつけて角質を軟らかくふやか       す。 お湯の温度は、熱くない気持ちいい程度で。
       5分くらいつけたら、タオルで軽く水気をふき取る。

ステップ 2 軽石または脚用やすりの粗面で、かかとや指の腹、タコ       などの硬くなっている部分を優しく削る。
       ゴシゴシではなく、円を描くように全体にまんべんなく       動かす。

ステップ 3 マッサージ効果のある、ひじ・ひざ用のクリーム(スク       ラブ)などで、表面の角質をすっきりオフ。
       爪の甘皮も一緒にケア。
       ぬらしたガーゼで円を描くように爪の表面をマッサージ
       して、甘皮を取る。

ステップ 4 角質を取った後はしっかり保湿を。 これを怠ると角質       が硬くなるので要注意。手で軽くマッサージしながら、
       クリームを浸透させる。
       一緒につぼを刺激してあげると、ムクミ解消にも。

お気に入りの香りのクリームを使って、楽しくリラックスしながらケアしましょう。
posted by ムク婆 at 11:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭にさようなら!その秘密は唾液にあり

私たちが気ずかないうちに大切な働きをしてくれる唾液。
唾液は1日1.5リットル近く出ていて、口内の乾燥を防いだり、抗菌作用、粘膜のカバー、傷を治す、酸をアルカリ性に中和するなど、とても大切な働きをしてくれます。酸性のすっぱいものを中性に戻す働きが弱いのは、虫歯になりやすい条件の一つといわれております。
どろどろの唾液の人とさらさらの唾液の人がおりますが、唾液腺の出る場所によるといわれております。

唾液腺には、耳下腺・顎下腺・舌下腺という3大唾液腺があります。
梅干を見たとき出る唾液は、舌下腺から。
かんだ時出るの唾液は、顎下腺からです。
唾液が少なくなると、口の中が乾燥して、舌苔(ぜつたい)や歯垢がたまってくる。 そうすると、口臭が強くなるわけです。

唾液の分泌不足の原因はさまざまですが、糖尿病の人は口やのどの渇きを訴えることがあります。
そのほかに、更年期やストレスなどでもドライマウスを引き起こすことがあるそうです。
しっかり噛んで、筋力を高め、ストレスを軽減して唾液の分泌を活発化して、ドライマウスの予防に心がけるといいようです。
posted by ムク婆 at 11:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寄席(よせ)の楽しみ<浅草演芸ホール>

友人を誘って3人で浅草へ。
同じ汗をかくのなら、楽しい汗をかこうと思いまして。
しかし、炎天下で仲見世をプラプラ歩いているのは、ツアー客と思われる人ばかり。 外人さんもチラホラ。 脱水症になってもいけないので
思い切って「寄席見物」を提案してみた。 友人2人は初体験と大はしゃぎ。 やっと涼が得られると浅草演芸ホールへ直行。

じつは私の弟が、大学時代「おちけん」(落語研究会の略)に所属してまして、しょっちゅう客の役で前に座らされていたんです。
新作を覚えるたびにですから、楽しくもありましたが苦痛に思えることもままありました。何せ自作ですから笑えるものばかりではなくて。
そんなことがあって、若いころから寄席には馴染んでいたのでした。

木戸銭を払い中へ。真ん中の列の後部座席に案内されました。左右の席は空席ですが、はとバスなどのツアー客用で、1〜2時間で入れ替わります。
着席と同時に売店へ。軽食をと思いおにぎりをゲット。
その日は、季節柄「納涼」ということで演目もおばけ・幽霊など怪談のたぐいがほとんど。
11時半ころからで昼夜入れ替えなしのため十二分に楽しめる。

涼しくなったころ演芸ホールを出て、甘味処へ。
仲見世をぶらつき、食事処へ。
暑さを忘れ、久しぶりに良く笑い友人とも楽しいおしゃべりをした一日でした。
posted by ムク婆 at 08:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

ゲームセンターにて

久しぶりにゲームセンターにいってみた。
夏休み最後の休みで、多分子供たちは宿題の仕上げに忙しく空いているだろうと計算したのは大間違い。
ジジ・ババは追いやられた形で、子供ずれのパパ・ママがいっぱい。

大雨注意報が出たりで、外出をひかえてのゲームセンター行きだったようだが、とにかくものすごい人出だった。 ゲーム機にあふれた子達は
運動場よろしく駆けずり回っている。 親は見て見ぬ振り。 時折係りの人が注意しているのだが、やはりお客商売ともなると言い難いのか控えめなようだ。
こんなことなら、家でテレビ観賞のほうがよかったかなと思いつつも、こちらにも事情があるのだ。 数ヶ月前から腱鞘炎でリハビリ通いの毎日なので、たまにはゲームセンターでリハビリもいいかなと思いまして。 さらに「重ねて予定」が。 ゲームセンターに入ったのが午後3時すぎで、2〜3時間遊ぶと夕食の時間になるので外食を、と目論んでいたのでした。 しかし大きな計算違いで1時間くらいで出ることに。
困ったのは夕食です。
仕方なくイトーヨーカドーで食材を買い込み、家で調理する羽目に。
仕方ありませんね。 運が悪かったんですね。 でもいいんです。
デザートまでしっかり買い込んで、24時間テレビの「エドはるみ」
を見ながらゆっくり食事ができましたから。
ゲームセンターには近々行けば、イヤ、行くのだ〜。 
posted by ムク婆 at 23:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安・近・短の旅行の穴場<伊香保温泉>

以前勤務していた会社から旅行案内が届いた。
毎年集まりはあるものの、一泊旅行は確か一年おきのはず。
そう言えば、前回は山形・蔵王でとてもよかった。そうあれから2年経ったのだ。  で、今年は群馬県の伊香保温泉だとのこと。
前回もそうであったが、今回も紅葉のころ。 そして温泉場だ。
行かないわけないでしょう。

同封のパンフレットを見ると実に詳しく書いてある。
メガネ+拡大鏡で見ると、JR新宿駅から高速バスが出ているようだ。
しかも料金が、片道2300円 往復4100円 (6日間利用可)
       所要時間 約2時間半(全席指定)

バスのほかに、新幹線利用は 所要時間 約1時間33分
              片道5120円
       特急利用は  所要時間 約1時間42分
              片道4020円

このほかにホテル代があるが、平日料金なので割安。

紅葉の季節なので、宿がどうかなと不安を覚え確認すると、2ヶ月も先のことなので充分対応できるそうだ。
確約するため、参加・不参加の締め切りを早めるという。

安・近・短の割安旅行。
しかもなつかしい面々と久しぶりに会える。
考えただけでウキウキしてくる。
参加するしかない!  早速参加のハガキを投函せねば。
posted by ムク婆 at 11:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢のマイホームお品書き

だれしも一生に一度はマイホームを手に入れる夢を持っているもの。
その夢の実現をかけて汗を流し、頑張って働くんだと思います。
毎日テレビ・新聞で見聞きする事件。原因の一つに家族間のコミュニケーション不足が挙げられています。大切な家族と楽しく暮すマイホーム
さあ、これからマイホームの青写真を作りましょう。

「おはよう」とか「いってきます」とか「ただいま」家族で一番顔をあわせるのがリビングです。心を癒やす花や観葉植物。一寸広めで思い思いのことができるといいですね。畳の部分が有るとゴロンと横になれるしソファーはどんなのにしますか?

晴れた日は朝風呂なんて贅沢でしょうか。光を感じる明るいバスルームは、明日の活力を生み出してくれます。

お風呂から上がって生ビールなんておいしそう。
テーブルには愛する家族が集い、おいしそうなお料理が。
今日一日の出来事を語り合いながら、家族のコミュニケションがうまれます。

大型ロフトに「秘密基地」をつくりませんか。
漫画「ドラえもん」に登場の押入れ。そこがドラえもんのお部屋でしたよね。押入れは、ドラえもんとのび太君の大切な秘密基地でした。

建設会社によって特徴はさまざまなはず。
希望を言うだけで、沢山のアドバイスがいただけるはずです。
住む場所がどこであれ、子供たちのふるさととなります。
友達と遊んだ公園・通った学校・買い物に行ったスーパー。いずれ子供たちは巣立って新しい土地に行くでしょう。
でも、思い出は消えません。色々な夢を描き、それを実現させたい物
posted by ムク婆 at 07:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

メガネの美味しさ

夏痩せしたわけでもないのに、フレームがあわない。
どこかのネジが緩んだのだろうか?と思いつついつものメガネ屋へ。
店員の話だと、暑い夏はメガネにとって大敵だという。そこで「メンテナンスをしますので、お時間いただけますか」というので、お願いした。  メガネを分解・点検・掃除・調整さらに場合によっては交換するのだそうだ。代わりのメガネを持たず、運転も不可能なのでそのまま待つことに。 
退屈して店内をうろついていると、接客中だった別の店員さんが、接客を終えたので視力をチェックしてみましょうかと提案する。
願っても無いことなのでお願いすると、過去のデーターを持ち出しまずいくつか質問された。 目が疲れないかとか、目に負担を感じないかとか。次に検眼室のほうへ。 視力チェック・レンズチェックをしたが、その結果前回と変わりないのでしばらくは今のメガネで大丈夫だそうだ。 ただし、目の疲れがひどいようなら一度眼科に行ってみたらと勧められた。 夏場は紫外線の強さや、汗が目に入ったりで知らぬ間に目を傷めているんだとか。
納得して、店内に戻る。
まだ私のメガネのメンテナンスは終わってない様子。
再び店内をウロウロ。

ショーケースのなかはフレームがいっぱい。
スタイリッシュなもの・スポーティーなもの・ファッショナブルなもの・エクセレントなものなど、ライフスタイルに合わせて沢山。

買わないことを知っているのに、先ほどの店員さんつかず離れずの距離でお付き合いしてくれる。

そろそろメンテナンスが終わったようだ。
調整しましょうかという。
ピッタリ顔の一部に。
代金は? に「結構です。お待たせしてすみません」と。
親切な善いお店である。
さすがパリミキの「メガネの三城」である。
posted by ムク婆 at 08:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

携帯電話でハッピーライフ

こんなお婆でも携帯電話を持つことで何かが変わった。
ナニがかな?
こまめにお爺と電話のやり取り。
嫁とメールの交信。
待ち時間に友人にこまめに連絡を取る。などなどいろいろ。

こんな便利な世の中<ハッピーライフ>を送るため考えてみた。

*身の回りにはこだわりのアイテムを。
身近に接する物は選りすぐりの物をおく。
 たとえば、美しい物、心の休まる物、目にいい物、便利な物。
 香水であったり、観葉植物、美しい花、こだわりのテーブルクロ  ス、お気に入りの湯のみ、さわやかなカーテン等々。

*携帯電話を上手に使ってゆとりある日々を
 効率をはかるため、ケータイ・メールのサービスを活用。PCメー ルのチェックで無駄がはぶける。

*映画・ドラマでリラックス&気分転換
 ハリウッド映画や邦画、人気ドラマなどを公開しているLISMO
 VIDEO.その日の気分でリラックスもヨシ、気分転換するもヨ シ。
posted by ムク婆 at 21:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米倉涼子のお部屋さがし

仕事はいつも新鮮に。
一つ一つを経験として新たな夢に挑戦する。
これらをモットーとする米倉涼子。
カッコイーの一言に尽きる。
飾らぬ人柄は、見ていても気持ちいい。

その、米倉涼子はどんなところに住んでいるのか、とても興味のあるところだ。
自分の住まいは、力を抜いてほっとできるところだという。
「今の部屋は、もう3年住んでますが映画を観たり、料理をしたり
友人を呼んでホームパーティーをすることもあるの」という。

こだわりの住まいを手に入れるために、部屋探しには時間をかけるそうだ。
「方位や日当たりはもちろんのこと、リビングの広さにはとくにこだわります」ですって。 フムフム、わかるような気がしますね。
お気に入りの部屋で思い切りくつろぐ、それが米倉涼子生き方なのか

幅広い演技力のある米倉涼子が今回挑むのは、社会問題にもなった「モンスターぺあれんと」と学校間の問題解決に奮闘する弁護士役だそうだ。モンスターペアレントとは、教師や学校に自己中心的で理不尽な要求をする親のこと。 実情を知ってもらうきっかけになるドラマですと張り切っている。

10月には、夢がかなってミュージカルに取り組むそうだ。
posted by ムク婆 at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おこずかいゲット「今がお得な貴金属処分」

秋物の入れ替え準備にかかろうと押入れを開けた。
押入れダンスの最上段から黒塗りの宝石箱が垣間見える。
金属アレルギーを持つ私は、夏場の一番宝石が映える時期に身につけられないのだ。 宝石箱のフタをあけるのは半年振りのこと。

自分の物なのにワクワク・ドキドキ。
お婆になっても、やっぱり私も女ですもの。

結婚40年以上ともなると、想い出がいっぱい詰まった宝石箱。
しかし、時代を感じさせるデザインが大半だ。 自分亡き後、果たして嫁や孫は喜んで使ってくれるだろうか? 疑問である。 もちろん
無料であるが、多分迷惑がられるはず。

1月〜12月までの誕生石。 夫の海外駐在時に買った貴金属。
グニャグニャに変形した24金の指輪。 金・プラチナのネックレス
長さ・太さの違うネックレスは30本以上も。

折込広告の中から、近場の貴金属買取業者をさがし問い合わせてみる。 「プラチナは値下がりしてますが、金は今がお徳ですよ」にヨシ!と気合を入れて選別。 プラチナはやめて金のみを選び出した。
どれも未練の無い物ばかり。 早速買い取り業者のもとへ直行。

待つこと15分くらい。 金の比重ごとに値段を明記し、どうするか聞かれるが、意を決して持ち込んだ物。買い取ってもらうのに異存はないのだ。
しめて15万円弱となった。 これから先持っていてもどうしようもない物だ。むしろ換金したお金を今の自分に使おうと思った。
もらい物も結構あったし、計算はしなかったけれどこれで良かったと思う。 不用品で思いがけないおこずかいができた。
このお金で、友人とモミジ狩りにでも行こうかなと考える今日この頃
である。
posted by ムク婆 at 09:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一通の手紙<生命保険個別相談会>の案内状

最近保険の外交員が我が家のブザーを押す回数が増えた。
なぜかと不思議に思い聞いてみると、11月は保険月なのでその種まきだという。 見直しを提案され、2日後に来ると言いそれっきり。
いい加減な人だと腹立たしく思っていた。

ところが、我が家で夫婦して加入している保険会社から、一通の案内状が届いたのだ。 内容は「生命保険個別相談会」のおしらせ。
添えられた手紙をかいつまんで言いますと、少子・高齢化、国の保障制度の気になる時代だから見直しを提案します。しかし、いざ保障の見直しといってもわかりにくいでしょうから、今回個別相談会でライフプランナーが見直しのお手伝いをします。といった内容だ。
ファイナンシャルプランナーの資格を持つ保険の達人なら安心かもと
その気になってきた。

相談時間は予約制でたっぷり摂ってあり、当日の勧誘は一切無いと言うし、守秘義務がありますから安心して相談してくださいとも書いてある。 開催地も自宅から車で10分程度の近場でもあるし、加入している保険会社なら都合もいい。

そんな思いから、予約電話の番号に指が走った。
posted by ムク婆 at 08:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

真面目な出会いのチャンスで恋人ゲット!今秋結婚へ

病院でたまに会う知人。
確か40代の離婚暦ある知人が、縁あって今秋結婚するそうだ。

待合室で逢ってもいつもクラ〜イ顔。
逢うたびになぜか私に身の上話をするのだ。
私にも30代後半の子供がいるので、母親に打ち明けるようなつもりだったかもしれない。

昨日の診察日はいつもと違っていた。
顔も表情も服装も明るいのだ。 なぜ?  こちらから問う前に話し出す。 相当うれしいのだ。 で、その知人が言うには
離婚してしばらくは何も手につかなかったのが、同窓会で再婚した人の話を聞いて「結婚相談所」に申し込みしたそうだ。
でも、会費も高くお見合いパーティーもだんだん面倒になったそう。

そんな時、結婚を前提にした情報サービス会社に登録し、理想の人にめぐり合い結婚することになったそうだ。
それって「出会い系サイトとかいうところ?」とわたし。
「最初はそんな風に思っていたんだけど、とても真面目な所よ」と。

登録チェックもきびしいようで、安心できるらしいのと 若い人が多いらしいです。同性ばかりの職場で出会いのチャンスが無い人が多いといってました。
別れ際に、関西に住むことになりそうなのでもう逢えないかもしれませんと言う。
カレは9月転勤で、すでに関西に行っているそうだ。 両家とも関東の人なので、10月の挙式は関東で済ませ、新婚旅行には成田から立ち、関西空港に帰国するという。

無知な私は、その手の出会いは怪しい物と思っていたが、考えを改めなければいけないようだ。
何はともあれ、めでたしめでたしである。
posted by ムク婆 at 18:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶対痩せる! ダイエットプログラム始動

時間が無い!
より効果的に、確実に痩せたい!

ダイエットを決意したら、一日も早く絶対に成功させたいですよね。
きれいに、健康的に痩せるためにはどうしたらよいか。

余剰カロリーをサプリでカバーする?
一食置き換えタイプのプログラムでスリムを目指す?
カロリーの低い食品を組み合わせてダイエット計画を立てる?

ダイエット方法はあなた次第です。
さあ、目標体重に向けて LET’S TRY!

<ダイエットサプリ>
ダイエットを積極的にサポートするサプリメント。
脂肪分・糖分・水分の取りすぎなど太る原因や、目的に応じてセレクトするのがおすすめ。

<プロテインダイエット>
高たんぱく質で手軽にコントロールできる一食置き換えダイエット。
ビタミン・ミネラル・食物繊維などの必要成分が配合されているので
安心。一食をプロテインに切り替えて、おなかがすいて耐えられなかったらプロテインバーを。

<ダイエットサポート>
お食事やおやつ、調味料などダイエットに役立つ食品を。
こんにゃくをお菓子にしたコンニャクチップス。
ダイエット中に敬遠されがちなチーズを使った、とろけるオニオングラタンスープなど、楽しみながらスリムに。
posted by ムク婆 at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必ず痩せる・駆け込みダイエット

食欲の秋・・・食べ物だけでなく、空気さえもおいしく感じる秋。
秋は結婚シーズンでもあります。 もしかしてすでに案内状が手元に届いていたりして。
結婚式・披露宴に出席ということは、お二人をお祝いするだけではないんですよね。運がよければその中に未来のお相手が・・いるかも。
そんなことを考えると、当日の外見(衣装)だけでなく、中身もおろそかにできません。そうです。ずばりダイエット!です。

<戦え!脂肪燃焼>
年齢とともに体内から減少するカルニチンを摂取して燃えやすい体ずくりを目指しましょう。
さらに筋力を維持して、メリハリボディーを。
リバウンドにご用心! 適度な運動も欠かせません。

<戦え!高カロリー>
毎食白いご飯が欠かせない方、炭水化物の取りすぎに気をつけましょう。当分・脂肪分に注意して健康的なだいえっとを。ダイエット=食スタイルと言うことです。

結婚式・披露宴の主役は花婿・花嫁ですが・・・ひょっとしたらあなたが準主役の座を射止められるかもし・れ・ま・せ・ん。


posted by ムク婆 at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親が子に挑戦させたいスポーツランキング

北京五輪の男子フルーレ個人で銀メダルを獲得した太田雄貴(22)がさわやかなインタビューで子を持つ親に注目されているそうだ。
日本フェンシング協会には、「子供に習わせたいが、家の近くのクラブを教えて欲しい」等の問い合わせが増えているという。

確かに注目度の低い競技だったから、太田選手のかっこいい活躍にわが子の勇姿をダブらせた親も多いはず。

では、現在親が子供に挑戦させてみたいスポーツは何でしょうか?
北京五輪で活躍したアスリートを見て、わが子に世界を目指して欲しいという思いを持つ300人の保護者へのアンケート結果は次のようにでた。(0〜12歳の子供の保護者対象)

1位 水泳 やはり世界の北島の活躍が大きく反映されている。

2位 サッカー ボール一つで幼い子から入りやすい。

3位 野球 大リーグで活躍する日本選手とわが子をダブらせてか
      あるいは親として、年俸を夢見てか。

4位 テニス 昔も今も変わらぬようだ。

5位 空手 男らしいスポーツだったが、今や女の子も。

*8位には人気上昇中のゴルフもランクイン。
  いつの日にか子供とともに楽しみたいという気持ちの現われか。
posted by ムク婆 at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

シミ・シワと帯状毛穴は老け顔印象の原因です

最近カガミを見るたびに落ち込んでしまうことがある。
それは、シミ・シワに加え鼻の周辺の毛穴がみょうに目立つのだ。
行きつけの化粧品店の美容部員のはなしによると、加齢とともにどうしても変化がでてくるとか。
帯状毛穴と言うのは、けあなとけあながつながって、ライン化して見える現象をゆうのだそうだ。 小鼻の横からホホにかけて発生し、多くの女性の肌の悩みとなっているそうだ。
原因として、加齢、ストレス、紫外線などがあげられるらしいが、早めにケアしないと見た目の印象を老けて見せるという。

「気になりだす年齢は35歳過ぎからです」と。
では私のように60歳過ぎなら当然ですね?と寂しげにいうと、イエイエ、今は色々研究されていい化粧品が出ていますというではないか。 あ〜また買わされるー。と思いつつも気になる。

覚えきれないほどの、しかも横文字っぽい単語を並べて説明してくれるので、それをつけた結果どうなりますか?と聞くと
シミ・シワ・帯状毛穴はすぐに改善されませんが、とにかく潤うので
夜までモチモチしていたり、ハリが出たりはすぐに実感できるという。そしてお肌がスベスベして、いつのまにか毛穴も目立たなくなりますよとのことだった。
値段もそこそこの化粧品並み。
もはや買うっきゃないと即決。
化粧品のサンプルをおまけしてもらい、意気揚々と帰宅した。

明日の朝鏡を見るのが密かな楽しみである。
posted by ムク婆 at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛読書は通販カタログ・買い物はインターネット

外出先から帰宅したら玄関ドア前にビニール袋に入った物体が。
ナニあれは!
脚をストップさせ、身を乗り出して凝視する。
どうも本らしい。
でも本にしては分厚すぎる。
袋の上から透かしてみると、通販のカタログ誌のようだ。
安心してドアを開け、例のビニール袋を持ち上げようとしたらかなり重いのだ。  仕方なくバッグを置いて運びなおし。
かくしてカタログ誌は家の中へ。
袋を開けると通販カタログが3社から合計11冊も出てきた。
重いはずだョなぁー。

ここ数日8がつなのにかなり涼しい。
このまま秋になるわけは無いのだろうが、夜は寒いのに気ずき、手探りで布団を探すことも。
こんな陽気に通販会社も急ぎ、秋・冬物のカタログを送ってきたのだろうか。

しかし、暑いと目にも留めない秋・冬カタログも何の抵抗も無く目にするから不思議だ。そればかりか、注文予定の品数も結構あるのだ。
一覧表にして、パソコンに向かう。
居ながらにして見・サイズ確認し・注文できるなんて便利な世の中になったものだ。気に入らなければ注文しないだけのこと。話は早い。

デパートなどに買い物に行くのがどうも苦手なわたし。
「いらっしゃいませ」とか「よろしかったら試着してみてください」とか「いかがですか」とか聞かれ、答えるのがいやなのだ。
今風に言うと「うざったい」というのだろうか?とにかくイヤなのだ。
その点、カタログは手の空いたとき見て注文し、再度見ることも注文することも可能だ。おまけに気に入らなければ返品も交換もできる。

通販のお付き合いは大手デパートも含め7社。
カタログはワンシーズン保管しておき、暇な時ページをめくる。
だから、私にとって一番の愛読書のようなものだ。
posted by ムク婆 at 13:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カメラ片手にぶらり「ぶどう狩り」旅

店先には秋の果物が多種並んでおり、「フルーツ大好き人間」の私にはたまらない季節だ。
新聞の旅行案内も、雑誌の特集も、旅行会社のパンフレットも、フルーツ狩りを多く扱っている。 多分近場で楽しみが多く、安いし、年齢に関係ないからだと思う。農園の駐車場まで歩かないのがいい。

私もここ数年、毎年のように地元千葉の「なし狩り」と山梨の「ぶどう狩り」に行っている。
なし狩りは、土地の名産ということで友人・知人に送るためでもあるのだが、みずみずしい豊水という品種はダレからも喜ばれるのだ。

ぶどう狩りは長男の家族と山梨が主な行き先である。 長男夫婦はワインをたしなみ、ワインの本を持参して隠れワイナリーめぐりをするほど通である。 行く先々のワイナリーはどこも客が”まばら”で、店のひとは薀蓄をつまみに試飲をさせてくれるのだ。
なぜ客がまばらか? 集団でガヤガヤ店に入り、手ごろな価格のワインを適当に買うところとは訳がちがい、自慢のワインを売ってくれるらしい。 ときにはラベルの無いものもあったりして。
そんなワイナリーめぐりも2軒目からは私の運転となり、12ヶ月分を買い込むのだ。

飲むほどに酔うほどに口は軽くなり、話題も奥深いものになっていくから面白い。運転手は私一人だが、酔っ払い組は夫・長男夫婦の3人である。 しかも順番があるらしく、同じ道を行きつ戻りつ。
2人の子供も慣れたもので、苦情も言わず狩り摂ったブドウを食べつつホテルに向かうのである。

2日目は、子供デーで遊園地にいくのがいつものパターン。
さて今年はいつになりますか。
早めにホテルの予約を入れないと、いい温泉に泊まれない。
早速、今晩でも長男夫婦に問い合わせしてみなければ・・・。
posted by ムク婆 at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝台特急「カシオペア」は走るホテルと言うそうです。私偶然見ちゃいました。

先日のこと。遠来の客を出迎えるため上野駅にいったのだ。
列車の到着時間には時間がありすぎるので、駅のアチコチをぶらついた。上野駅も様変わりして、以前の駅とはだいぶ変化している。

一番最近上野駅に行ったのは、いつだったかな? 近頃は夫と交代運転でマイカー利用が多いのと、東北方面も東京駅始発になったのでつい始発駅を利用するようになっているのだ。

お土産売り場をのぞき、最近の東京名物を知る。 次々現れる客が名産品に手を伸ばし買って行く。 邪魔になるので、場所を移動。

行くところはないかとキョロキョロしていたらありました。
13番ホームに銀色の車体の走るホテル「カシオペア」が。
飛行機より時間はかかるけど、でも一度は乗ってみたい寝台特急。
上野〜札幌を結ぶ特急は、人気の豪華寝台列車なのです。 今日はどんな客が乗るのか? 一寸興味もあり、時間もあるので13番ホームに直行。 3時半過ぎに発車だそうで、まだ時間があると言うのに先頭車両の前は人だかり。 記念写真を写しているのだ。 4人組のオバチャングループがシャッターを切ってくれと言う。 人の記念撮影にいつまでも立ち会ってもいられないので、歩を進める。

熟年夫婦が入り口から、吸い込まれるように乗車した。何かほのぼのとしていい感じ。「アラ!先ほどはど〜も」とシャッターを押してあげた4人組。

間もなく発車。
まだ夫は現役だが、リタイアしたら必ず北海道に行こうと思う。
それも飛行機ではなく、「カシオペア」で。 片道だけでいいの。

ふと時計を見ると遠来の客の到着時間まで あと20分。
急いでホームを移動した。
posted by ムク婆 at 07:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

行ってみたいカルチャーセンターの楽しい講座

最近60代から楽しく学ぶ「ユニーク講座」がはやっているそうだ。
このお婆(64歳)は頭のサビ止めのつもりで、現在「中国語会話」と「パソコン教室」に通っている。
どちらも楽しいし、当分止める気などないのだ。
ところがこれだけでは物足りず、もう一つ習いたいものができちゃった。困ったものである。  なぜって年金生活者だからだ。

私の姪が数年前に沖縄に移住した。
お盆休みに田舎に帰ったとき、姪の子供の7・5・3の写真を見せてもらった。
3歳の男女の双子なのだが、沖縄の民族衣装がとても似合って可愛かったのだ。 もともと目がパッチリしているから、沖縄の児のように見える。 そのアルバムから、今にも三線の音色が聞こえそうな気がした。

もうだいぶ古い話になるのだが、沖縄出身で「ネーネーズ」というグループがいたのだが民族衣装に身を包み歌う姿も声も大好きで大フアンだったのだ。いまでもCDを持っており、車で時々聞いているのだが。 「ネーネーズ」の歌には必ず三線が入っており、その音色に魅せられていたものだ。
姪がいる間に沖縄に行き、島の人々の弾く三線が聞ければ最高なのだが、自分で弾けたら超最高ではないか。

そんなことを考えてカルチャーセンターのパンフを取り寄せることにした。 いやはや考えるだけで楽しくなる。
posted by ムク婆 at 20:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たった5秒で健康チェック・血糖値の簡単測定器

この私、今でこそ健康体ですが2年前は半病人だったんです。
何気なく受けた健康診断で糖尿病が発覚。 イヤー参りました。
それからが大変でした。
毎週病院に行き、検査の連続。
今週は朝食アリ。 今週は朝食抜き。 今日は30分毎に採血と。
揚げ句の果てに、糖尿病教室にまで行かされ、食品見本のお土産迄。

それから半年。病院からは薬の処方もなく、ごくごく普通に生活して
いましたが、いつのまにか糖尿病の話は医師の口からでることなく現在に至っているのだ。 採血・検尿の結果異常なしだから。

初めて糖尿病と病名を告げられた時、あまりのショックに帰宅直後友人に電話で告白。じつは、その友人は遺伝性の糖尿病だったので、色々アドバイスをもらおうと思って。

で最近その友人から電話があった。
しばらく何も連絡が無いので心配していたそうだ。
さらに、自宅で計測できる血糖測定器のいいのが在るから買ったらどうかと勧める。
正確には、「血糖自己測定器」と言うそうだ。
新機種で、簡単に・短時間で測定でき・数字が見やすいと説明してくれる。
あまりの熱意に、こちらからは糖尿病の心配は無くなったと言い切れず、やんわりと「まだ予備軍だったようで、食事療法で何とかなってるの」と言うのが精一杯だった。
それでもその友人「あ〜よかった! 軽かったんだわ。その程度だったら治るわよ。 食事療法頑張って!」と励ましてくれた。

あ〜ご無沙汰も悪かったけど、糖尿病の疑いが晴れた報告しないで悪かったなーと思ったが、逆にいずれ失明と宣告されている友人には
予備軍を通すほうが、こちらの思いやりにおもえた。

それにしてもこの友人、中学時代のクラスメートで45年来のお付き合いなのである。
善い友に恵まれたものである。
posted by ムク婆 at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の生命保険はソン?・トク?見直ししてみようかな

このところ毎日のように保険外交員が我が家にやってくる。
涼しいから外歩きしてるのかと思いつつ、聞いてみると「11月が保険の月」なので今から種まきをしているのだそうだ。
そういうことだったのか。 それにしても保険外交員の多い事。

ある人は、ぜひ見直しを!と勧める。
何でも無料で生命保険の見直しをし、相談が可能だというのだ。
社内に専門知識を持つファイナンシャルプランナーがいて、親身なアドバイスをしてくれるそうだ。

現在加入の生命保険は、外回りで我が家を訪れた外交員に勧められるままに加入した物で、見直しはおろか約款など読んだことなしの有様。 でもしつこい勧誘があったら・・・・と躊躇する。
するとその外交員さん、毎月の保険料が高いと思いませんか? とか
いざという時充分な保障が下りますか? と聞いてくる。
あるいは、家族構成が変わってそのままと言うことはないでしょうかと畳み掛けてくるのだ。

明日もう一度伺いますから考えておいてくださいという。
そこまで言われると不安にかられるのだが、急ぐことは無い。
次の外交員さんが来てから、何気なく聞いてみようと思いながら、わかれを告げた。

その日から2日。
先日の保険外交員はあれっきり何の音沙汰も無い。
posted by ムク婆 at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

町内の盆踊りと市内の花火

このジジとババの住む町内会の盆踊りが週末に行われた。

この日は例年ですとジジ・ババに加え長男家族4人・次男家族4人の
合計10名が集い飲んで食べての大パーティーになるのだ。
酔った男性軍は一眠り、ババは洗い物、ママたちは踊りの輪へ、子供たちはおこずかいで買い物とそれぞれ楽しむのだ。

料理は前日からメニューを考え、料理好きのこのお婆が担当する。
あれも食べさせたい、これも食べさせたいと考えているうちに、その数ナント20品目を超えてしまう。
しかも量を多く作り、お土産として持ち帰ってもらうのがうれしいのだ。お料理+くだもの+野菜+飲み物が持ち帰り品なのだから、ハンパではない。 この日の予算は数万円。それでも皆が喜ぶのがうれしいし
喜ぶことがして挙げられるのがうれしいのだ。
なぜなら、金銭的に苦しければできないし、健康体でなければして上げられないのだから。

ところが今年は市の花火大会と重なり、2分されてしまった。
無理も無い。 次男の娘たちは、小学校高学年。 友人たちとの外出のほうが楽しいに決まっている。又友人との関係を大切に考えることは正解なのだ。

日にちが重なってしまったのが残念ではあるが、我が家のパーティーは新年会・ジジの誕生日・母の日・お祭り・敬老の日・忘年会など年に数回あるのだからよしとしよう。

間もなく夏休みが終わり、孫たちは新学期を迎える。
この夏もいっぱい思い出を作ったようだ。
すくすく育つ孫たち。 その孫たちを育てるすばらしい嫁たち。
ジジババから2人の子ができ、その子に嫁が来てそれぞれに2人ずつ
孫ができ総勢10人の大家族。
この10人が折に触れ集まる大パーティーはジジ・ババの楽しみでもアリ、誇りでもある。

来年の盆踊りは花火大会の日と重なりませんように!
posted by ムク婆 at 22:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孫と子供からの北海道土産

この夏、長男家族と次男家族が前後して夏休みに北海道を旅行した。
長男家族は、オートバイでフェリー利用の初体験旅行。
孫(8歳男児)は北海道の7日間の想い出を熱く語ってくれた。
朝食はコンビニのおにぎり&サンドイッチ+飲み物・昼食は行った先のかくれた名物料理(地元のお勧め料理)・夕食はホテル食又はオートバイ仲間(地元で知り合った)とのダイナミック屋外食だったそう。

一番ビックリしたのは昆布のカーテンで、北海道名産の昆布の大きいのには度肝を抜かれたらしい。 漁師に案内された建物の天井に「カーテンほどの大きさの昆布がかかっていたんだよ」と目を丸くして孫は言う。
一番楽しかったのは広〜い草原での乗馬だったそう。 かつてこのこのパパ(私の長男)が海外生活の中で馬の遠乗りを経験済みで、その体験を孫にさせたかったらしい。
一番おいしかったのは、やはり北海道名物 ”カニ・ウニ・イクラ”だったそうだ。
食べ過ぎてホテルで吐いてしまったというから、そこはやはり8歳の
子供である。

そして、ドカーンと送られてきたダンボールのはこ2個。中身は勿論
北海道名産品の数々。 我が家で開き名産の品々を土産話と写真をみながら堪能したのだった。 北海道はでっかいど〜と言うけれど、胃袋の小さくなった我が身には、延々と続く話と大きなカニに「耳も口も胃袋」も疲れた〜という感じ。

次男家族は孫娘らしいお土産品。
マリモのくっつき人形(カバン等にぶら下げる)やお菓子。
お互い予定の詰まった週末でもあり、写真が出来上がってないというのでお土産の受け取りだけで別れてしまった。
話は後日ゆっくり逢った時にということで、今からその日が楽しみである。 くっつき人形とは一箇所に磁石が埋め込まれているボンボンで、(ストラップより大きい)現在ジジ・ババが一個ずつ所有。
かわいい孫たちである。
posted by ムク婆 at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

北京五輪女子レスリング・視力アップで”金”

北京五輪で金2個を含む計4個のメダルを獲得した女子レスリング日本代表の陰に、偉大な「縁の下の力持ち」が存在したというのだ。

吉田沙保里(25)・伊調千春(26)・伊調馨(24)の視力矯正を手がけ、今回も北京に同行したそうだ。
バックアップしたのは、東京都港区の三井メディカルクリニック。
院長の三井石根(いわね)先生と3人の出会いは、今年1月にW杯で吉田の連勝が119で止まった直後だそう。

以前吉田や千春が試合中にコンタクトレンズが外れて苦戦したと伝え聞いた院長先生自らが電話して協力を申し出たもの。

同クリニックでは、就寝中に特殊なコンタクトレンズで角膜を癖付けする「オサート」という視力回復法を手がけ、三井院長は国内での第一人者だそう。
これまで視力回復をきぼうしながら、レーザーで角膜を削る手術を躊躇していた3人は、喜んで受け入れたという。

レスリングは頻繁にルール改正があり、最近は試合中にコンタクトレンズが外れてもはめ直しにくくなり困っていたらしい。
「一瞬で視力が格段に落ちるので、遠近感が合わなくなる。これでは試合にならないので皆不安を抱いていたようだ」と三井院長。

3人を見守った三井院長は「視力は運動選手のパフォーマンスに大きな影響を及ぼすもの。もっと早くから治療をし、頻繁に診療できていればと悔やまれるが、本当に良く頑張ってくれました。完全燃焼したのでは」と振り返る。

現地で吉田の両親から「娘がすごく良く見えるようになったといってます。有難うございました」と感謝され、女子全日本チームの栄和人
監督からは、「この治療法を多くの種目の人に広めて欲しい」と声をかけられたという三井院長。光栄ですと言葉少なくはにかんだということだ。
posted by ムク婆 at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。