2008年08月04日

集英社・月刊「PLAYBOY]が休刊に

      また、一つの時代が終わろうとしている。

集英社の月刊誌「PLAYBOY]が11月25日発売の

       2009年1月号で休刊することになったのだ。

  33年にわたって世の男性を楽しませてくれた雑誌が姿を消す。

今の40代以上の男性にとっては、青春の思い出多き雑誌でもある。
プレイメイトによる洋物ヌードが特色だが、実は硬軟取り混ぜた特集
記事で、常に時代をリードしてきた。

しかし、
「ヌードがあることで広告が取れなかったり、取材先が制限されるなどの弊害も大きかったようだ。
ヌードを無くしたかったのが編集部の本音のようだが、本家アメリカ側がそれを 許さなかったらしい。

もっとも
最近は、音楽特集やミステリー特集などの人気が高く、売り上げも上向いていたのに、突然の休刊はなぜか。

ある集英社の関係者によると
「週刊少年ジャンプ」と並ぶ看板雑誌を休刊させるのは、部数減の漫画雑誌の粛清を始める前触れでは。
生き残りを図る集英社の賭けではないかと思います」

どうやら背景には集英社のお家事情がからんでいるのでは?

出版業界では、看板雑誌の休刊が続くのではないかとの憶測も飛び交
っているらしく、本大好き人間としては寂しい限り。

「出版不況」の出口はいずこ。


posted by ムク婆 at 06:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

「マルコメ君」選考委員長ケイン・コスギ

8月1日都内にて

   マルコメ味噌のコマーシャルでおなじみの

        第14代「マルコメ君」の最終選考会が開かれた。

坊主頭のコマーシャルはおなじみ。
あの、愛くるしさを見てしまうと ついマルコメ味噌を買いたくなるから不思議だ。

今回、坊主でもないのに審査委員長を務めた
ケイン・コスギ(33)が意外な告白を。

ケインは丁度3年前に、女子プロゴルファーの東尾理子(32)と破局したのだ。

報道陣が意地悪な質問を
 「一緒にお味噌汁を食べる女性はいますか?

との問に
 「いないですね」といいながらも
   「今日、審査をしてみてヤッパリ子供は欲しいな〜」

最近モノマネで人気の山本高広(33)に、ケインはものまねされている。
この山本高広は、織田裕二(40)のモノマネで有名な人。

そのことを振られると、日本とアメリカを行き来して生活しているほんにんは、
 「日本にいなかったので、まだ見たことないんです。
  うれしいですね。 ぜひ見てみたいです」と告白。

興味津々のケイン・コスギであった。
posted by ムク婆 at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

森山未来と浅見れいな 破局!

   森山未来(23)と浅見れいなが(25)が破局していた!
        交際順調と伝えられた熱愛カップル

         ラブラブの二人にいったい何が?

7月31日都内で行われたミュージカル「RENT」の記者会見に
出席の森山。
去り際に浅見について聞かれ「ハイ。愛しております」と照れ笑い。
交際が順調であるかのような回答が・・・・・。

しかし舞台関係者によると「7月上旬ころのこと。浅見さんがうつむきながら、彼と別れたことを告白したらしいです」

二人は、昨年5月、舞台「血の婚礼」で共演し意気投合。
交際に発展したという。

互いのマンション周辺では、仲良く散歩する二人の姿が多数の住人に
目撃されている。

近隣住人は「子猫を飼っているんでしょうか? わが子のようにかわるがわるダッコしていて、まるで新婚さんのようでした」と。

だが、ラブラブな関係は長く続かず、7月初旬森山が浅見のもとを去っていったというのだ。

前出の舞台関係者は、「今は別れているそうですが、元々くっついたり離れたりしている仲なので、今回も時間が経てばヨリが戻るかも知れませんよ」。

さらに破局の後処理トラブルが・・・。
可愛がっていた子猫の養育問題だ。

「こいつは、俺が育てる」
「この子は、私のそばにいたほうが幸せよ」
と言ったかどうかは知らないが。

動物好きなお二人さん。
親権はどちらに?

それよりも、”家出したネコ”のように森山が戻ってくるといいですね。
posted by ムク婆 at 16:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

TBS青木裕子アナ退社の影に不倫疑惑?

このところ、山本モナ(32)と二岡智宏外野手(32)
      フジTV渡辺和洋アナ(32)と一般女性など
            アナウンサーの不倫騒動が相次いでいる。

TBS青木裕子アナウンサーの場合、近々同局を退社する見込みで
すでに、局側に退社の意思を伝えたそう。

今秋にもフリーに転身というウワサもチラホラ。
本当だろうか?
実は青木アナには、ライバルアナがいるらしいが、元々このライバルアナとは ウマが合わず性格も真逆。
色々な意味で、このままTBSにいても、このライバルアナには勝てないと考えた青木アナが出した結論だろう。
局側も、本人の意思を尊重したようだ。

ところが、人生の岐路に立つ ”青木アナ”にいきなり大スキャンダルが持ち上がりそうなのだ。

出版関係者の話によると、お相手は30代後半の某番組プロディユーサーX氏。
このお方、妻も子供もいて、長身でサーファー風のイケメン。さらに、制作会社の社長も兼任しているそう。

どうやら夫が青木アナと交際していることを知ったX氏の妻が大激怒
TBSに事情説明を求める「怒鳴り込み騒動」を起こしたという。

この妻青木アナに怒り心頭らしく、局側に
「どういう教育をしているのか」「責任とってください」と発言。

局側はこれを受け、事情聴取中らしく今後どのような処分が下るか。

青木アナの場合、退社問題と不倫疑惑は、完全に別問題ではあるが
発覚のタイミングが悪すぎたようだ。

「フリーを目指す青木アナにとっては、大幅なイメージダウンと見る
むきが多いのでは。

持ち前の明るいキャラクターで跳ね除けられればいいのですが。
posted by ムク婆 at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。