2009年11月11日

メリハリボディはまず骨格にあった下着選びから


先日外出をした時の事。
ホームで電車待ちをしていた時に、3人の娘さんがワイワイガヤガヤ大騒ぎしてました。
聞き耳を立てたわけだはないのですが、近くにおりましたから聞こえてしまっただけなのですが・・・・・。

一人の娘さんはスタイルはいいのですが、胸元が貧弱なのが悩みのようでした。
その娘さん胸元を隠すように、何となく猫背でした。
私は思ったのです。
下着選びは、心身に影響を与えるものなのにと。
特にブラジャーは、単に胸の形を整えるだけでなく、体の支点を作るために重要なアイテムですよね。

日本人は農耕民族ですから、どうしても前屈みになりやすいのですが、古くは和服の帯を締めることで支点ができて姿勢よくいられました。
現代は帯に代わってブラジャーがその役目をしてくれます。
そこで、ブラジャーならなんでもいいと言うのではなく、体の支点を作るためには、選び方が大切だと思うのです。
大切なのはアンダーバストとトップから割り出した数値ではなく、自身の骨格とバストの関係だと思います。

ブラジャー選びは、相談できる専門店がいいように思いますが。
そして、アンダーバストのサイズやカップの大きさだけで選ばず、体型に合わせて微調整することです。
試着する時は、体の横幅からはみ出した脂肪を、胸の位置に引き上げて収納するために、カップがわきまで届いているかどうかも大事なチェックポイントです。

こんなことに注意すれば、私の見た娘さんも自信がもてるのに…と思いました。




posted by ムク婆 at 04:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

キレイ習慣は、寝る前のコップ1杯の水と、ケフィアです!と、あるモデルさんが言いました。


「体の中が健やかでないとキレイになれない」

モデル歴25年。
ウォーキング講師としても活躍中の西村瑞穂さんが言いました。

以前、ストレスから体調を崩した時に、寝る前に乳製品を摂るといいよとアドバイスされてから、実際に始めてみたそうです。
するとリズムが整い、乳製品の良さを実感したそうです。

どんなに外側を磨いても、体の中が健やかでなければいい仕事はできない! しかもキレイさも保てない! というのを身をもって知ったそうです。

ケフィアとは、ロシアで古くからの飲み継がれてきた発酵乳。
一般的なヨーグルトと違って、乳酸菌と酵母の共生発酵から生まれたのがケフィアだそうです。

西村さんは、「毎晩寝る前にお水をコップ1杯とケフィアを飲むことを、キレイ習慣としております」と話されます。

チョット興味あるお話ですが・・・私には真似できるかしら?

posted by ムク婆 at 08:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おせち」はやさしさ! 一族が幸せな1年を過ごせるようにと、優しい気持ちのこもったお重を注文します。

11月に入ったら、おせち料理の注文パンフがアチコチから届きます。

我が家は1月2日に一族そろっての、顔合わせ新年会が行われます。
2人の息子が同年に結婚しましたから、その年のお正月からの我が家の行事となりました。
今でこそ、一族とは親・子・孫の10人ですが、息子たちが結婚前も私の両親がおりましたし、毎年親の姉妹・息子の友人家族・甥家族などが加わっての、10名はくだらない人数なのです。
みんなの喜ぶ顔見たさに、暮れの30日からお料理の準備にかかりますが、やはりメインは「おせち」のお重です。
テーブルを豪華に彩る、ボリュームたっぷりのお重。

孫達に、黒豆はマメに働きマメに暮らせるよう・・・とか昆布巻きはよろこぶの語呂合わせから喜びに満ちた1年を願う・・・などと昔からの言われを説明するのも、私の役目となってきました。

甘いものを好まぬ若者も、「おせち」だけは別のようで、美味しい・楽しいと共に、やさしさも味わっているのだと思います。
ですから私の「おせち」のこだわりは、幸せを願う一族の顔合わせの時間を大切にしたいので、合成着色料や保存料を使わず、素材の味と色彩を生かした伝統的な「おせち」を注文するのです。

今年はどこのを注文しようかと、吟味をしているところです。

早く注文しますと、「早割」特典もあるようなので、急がなくっちゃ!

posted by ムク婆 at 08:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

アクア・ユーカリをもっと知る! もっと楽しむ!


レディースデーによく利用する、京成線ユーカリが丘駅近くにある
「アクア・ユーカリ」ですが、その癒しとこだわりを最近知りました。

その1・・お風呂は、「安心・安全・清潔」
       水質に自信あり

その2・・サウナは紀州の備長炭や鳴門産の天然塩を使用した、2種類     を用意。
       温泉エネルギーにあふれる岩盤浴もあり

その3・・お風呂三昧と、レストランでの心こもったお料理で
       心身ともにリラックス

毎回女性4人で行くのですが、10時の開店とともに入場し、昼食は勿論の事夕食までも済ませてから家路に就くのです。

数種類のお風呂に2〜3回入り、思い切りおしゃべりを楽しみ、昼寝までして帰宅するのですから、日ごろのストレスは全て洗い流せます。
11月も26日を予定しております。

posted by ムク婆 at 21:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

紅葉満開! 日本で一番遅い紅葉を見に行きませんか? 房総半島はこれからが見ごろです。


日本で最後の紅葉が見られる地「千葉県・養老渓谷」は例年11月下旬から12月上旬が見ごろです。
市原市の梅が瀬渓谷は、関東で最も遅い時期に紅葉が楽しめるところ。

極力人の手を加えぬように管理されたハイキングコースは、自然林を歩け、モミジ谷や日高低跡などの紅葉狩りの名所が点在しております。

そのほかに印旛郡栄町の「千葉県立房総のむら」は、カエデ・ヌルデの紅葉、イチョウの黄葉、ケヤキ・コナラの落葉の風景が楽しめます。

千葉市「泉自然公園」は池の周辺にモミジが多く、晴れた日には空の青と水面に映る赤や黄の紅葉が、すばらしいコントラストで楽しませてくれます。

野田市の「清水公園」は真紅に染まる800本のイロハモミジや黄色のイチョウ、ドウダンツツジ、ナンキンハゼが遊歩道を彩ります。
モミジ谷と呼ばれる和風庭園に流れる滝も素敵です。

posted by ムク婆 at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鋸山(千葉県富津市鋸南町)はハイキングに手ごろな場所です。


私の住む千葉県は、海も山も見どころと言うか遊び場がいっぱいです。

その中でもおすすめどころは、このシーズン何と言っても「鋸山」。
新緑もいいのですが、澄み切った空気と青空と景色は身も心もお腹も満たしてくれるはずなのです。

JR金谷駅からほど近いところにロープウェーの駅があります。
鋸山は標高329メートルで、江戸時代後期にはこの鋸山から膨大な量の「房州石」が切り出され、船によって対岸に運ばれ、横浜港の建設などに利用されたと言います。
ここで私が興味を持ったのは、江戸時代の石切りはつるはしを使っての手作業で、1個の石は80キロだったと言いますが、その石を運んだのが女性だったということです。
車力と呼ばれる女性は、台車に3つの石(250キロ前後)を乗せ、細い山道を1人3往復したと言います。
灯油缶1個すら何メートルも運ぶことができない私には、到底考えられないことです。

鋸山山頂駅よりハイキングコースを歩きますと、途中には姿かたちの違う石仏が並んでおります。
しばらく歩いたところには、日本寺があったりでとてもいいコースです。

浜金谷周辺では、海の幸を味わえる場所があり、美味しいものが安価で味わうことができます。

posted by ムク婆 at 08:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

スッキリ、ほっそり、噂の青汁体験記


体験記と言いましても、私ではありませんが・・・
私は便秘がちで、その解消を求めて青汁を飲んでおります。
しかし効果のほどは大したことなく、やめようと思っておりました。
ところが定期的に届く青汁も、止めるのを断わり損ねて半年になりますが、今だその青汁を飲み続けているのです。

丁度そのころ友人は、「私も青汁飲み始めたの」と言っていたことを、かすかに覚えていたのですが・・・。
その友人と、今日スーパーのレジでばったり会いました。
半年ぶりにです。
その友人、いつも腫れぼったい眼をしていたのですが、今日はどことなくスッキリしておりました。
そればかりか、ダイエットをしたのかとてもほっそりと見えました。

なんせ久しぶりですから、レジから外れて軽食コーナーへ行きました。

すると友人は体験談よろしく、主婦の間で人気の青汁の話をしてくれました。
あした葉の入った青汁を飲み続けたら、むくみも消えて便秘も解消されたそうです。
今では夕方の足のむくみも、寝起きの顔のむくみも消えてスッキリ!
体が軽くなったので体重を測ったら、半年で5キロも痩せていたそうなのです。
衣替えで秋冬物を着るまで気が付かなかったと、ま〜のんきなことを言ってました。
で、便秘はどう? と聞きましたら、飲んだ翌日からトイレの回数が違ってきたのよ〜ですって!

その友人とは、近日中に見本として、あした葉の青汁を数日分届けてくれると約束して別れました。




posted by ムク婆 at 14:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

バレエやハワイアンダンスもいいけれど、孫のタップダンスは最高でした!

11月1日と3日は八千代市の市民芸能祭でした。

初日(1日)は和物の日本舞踊や落語などでしたが、都合がつかず見に行くことができませんでした。
2日目(3日)は孫から早めに連絡がありましたから、予定しており早々と家を出まして、開演と同時に入場できました。

この日は文化の日で祭日ですから、早く行きましたのに満席状態。
やっと探した席に着いたのは、プログラム2番が終わったところです。

演目ごとにアナウンサーによる紹介があったのですが、あるハワイアンダンスのチームは平均年齢が74歳ですって!
素敵なハワイアンドレスに身を包み、髪につけられた大きな花は美しく年齢を感じないほど見事なダンサーぶり。
終わった時には、盛大な拍手喝采だったのもうなずけます。
私も手のひらが痛くなりましたもの。

フォークダンスは、男性(かなり年配の)も参加。
幼児から中学生までのロックソーランは、定番ながらお見事でした。
バレエは思わずうっとりしてしまいました。
そして孫が出演のタップダンスの番となりました。
幼稚園のころから、ヒップポップダンスを習っておりましたから、身のこなしは見事なものです。
2年前からタップダンスにも挑戦しているようですが、スタイルもセンスも抜群で身も軽くタップをふんでおりました。
今風のお化粧は、ママが念入りに。
何曲かに分け、総勢20名くらいだったでしょうか?
その中で、私の孫が際立って見えたのは、ひいき目でしょうか?

小学6年の孫は身長160センチ弱のやせ形。 
ママに似てとてもスリムなお洒落さん。
顔ですか?
このババに似て・・・???
かなりとは言いませんが、性格のいい美人です。

午前の部のトリをつとめた孫のチームは、打ち上げのためレストランに向かったと言います。
タップはお腹が空くはずですから、痩せの大食いでさぞ食が進んだことでしょうね。

posted by ムク婆 at 19:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初孫誕生の方へのお祝いにいかがですか?


私の友人に、このたび初孫が誕生しました。
出産祝いを考えていたのですが・・・。
あ、そうだ! 「初孫」という銘酒があったことを思い出しました。

だいぶ前のことですが・・・・・。
二男家族と私たち夫婦が、東北地方秋田・山形に旅した時の事でした。

二男の結婚式は、関東地方で行ったのですが、両家とも本家は東北地方ですから招待客も限られてしまって、結婚披露をしてなかった甥・姪などがいたのです。
そこで、孫が1歳を過ぎたころ夫の実家と、二男の嫁の実家に孫のお披露目の旅をしたのでした。

秋田の名産店に立ち寄った時に、米どころ秋田ですから銘酒を買おうということになりました。
銘酒コーナーには、地酒がたくさん。
その中から、「初孫」という銘柄が目に飛び込んできたのです。
お土産にいいと買い込んで、帰宅後にアチコチ差し上げました。

お付き合いの中で、初孫が生まれたという方が毎年何人かおります。
お祝いを考えた時思いついたのが、「初孫」という銘酒です。
製造元に問い合わせしましたら、ラベルがオリジナルで、生年月日と命名を入れてくれるのです。
素晴らしい記念になる品として、こんにちまで利用させていただいております。

さっそくお祝酒「初孫」を手配したことは言うまでもありません。

posted by ムク婆 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

浅草名物の雷おこし・この「おこし」はご挨拶に最適な由来があったのです


私は数年前に大病をしたのですが、お見舞い返しに「おこし」を準備しました。
大病を越したという意味で、快気祝い品として差し上げたのですが、最近読んだ本で「おこし」は縁起物だと知りました。

起源は諸説あるようですが、古来「家を興す」とか「名をおこす」などと言われ、縁起物の売り出しなどを大いに盛り上げたそうです。

まだ御所が京都にあったころ、正月2日に納められるその年の最初の御注文、御買物始(おかいものはじめ)に、俵とか数の子などの縁起の良い品の中に、小判の形をした「おこし」も並んでいたようです。
この、小判の形から推して、「財をおこす」と転じ、国の財政の安定はたまた良民の金運を願ったものだと思います。

歌舞伎役者のどなたか忘れましたが、御挨拶の品として浅草の「特選おこし・古代」を差し上げるというのを知って、私もこの古代おこしを取り寄せるようになりました。
そして快気祝いに使用したのです。

お歳暮・お年賀・故郷へのお土産に「いわれ」を知った上で差し上げるのには最適かもしれません。
posted by ムク婆 at 10:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

七五三のシーズンですね。 神社にはお参りの着飾った子供の姿がチラホラと目につきます。


11月に入った最初の日曜日。
買い物に行った途中で、神社の近くを通りましたら七五三の祝い着を着た一族8人を見つけました。
8人家族とはいかにも大家族のようですが、多分パパとママの両親とパパ・ママそして主人公である3歳の女児と1歳未満の赤ちゃんとお見受けしました。

ママは和服姿で赤ちゃんを抱っこしていました。
女児はかわいい被布姿に運動靴姿。
満足に歩くことができないようで、両腕を2人のおばあちゃんに支えられ、引きずられている有様でした。
パパは一族の歩いている姿を、熱心にビデオ撮影していました。
2人のおじいちゃんは、会話もなく手持無沙汰に後からトボトボ遅れまいと歩いている感じ。

そうでした。
今日から11月。

神社の混雑を避けて、あの一族は今日七五三参りを済ませたようです。
家に帰って、カレンダーを見ましたら「大安」だったのです。
数年前の4人の孫達の七五三写真が急に見たくなり、アルバムを取り出したわたしです。

posted by ムク婆 at 21:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。