2008年06月23日

ジェロ・史上初の黒人演歌歌手

鳴り物入りでデビューした「史上初の黒人歌手」ジェロ。

なんでも母親の母、つまり祖母が日本人だそうで、その祖母の
影響を幼い頃から受け、演歌に親しんでいたそうだ。
ピッツバーグ大学卒業後コンピュータエンジニアを目指したが、
03年演歌歌手を目指して来日。
以前勤めていた会社は外資系で、会社を辞めるとき
「芸能界に行きます」と言ったら「第2のボビー(・オロゴン)
になるの?」と聞かれたそう。と笑う。

各地のカラオケ大会に参加、多数の優勝、準優勝を獲得。
今春2月に、ビクターエンタテイメントより「海雪」でデビュー。
今月25日には、カバーアルバム「カバーズ」が発売される。

珍しいこともあり、テレビ等で度々放映されるのを観るが
このジェロ君 大変日本語がうまい上、礼儀正しく好青年である。
「毎日のスケジュール自体は大変ですが、僕のやりたかった事
それは、歌で生活することでしたから楽しいです」と語る。

来日決意をとても喜んでくれたおばあちゃんは、05年スカウト
されてデビューが決まった3ヶ月前亡くなったと無念そう。
”最初にネガティブなことを考えると、失敗しても落ち込まない
ポジティブな結果が出ればヨカッタ!”という。

今年こうはんの目標は「紅白に出られるように頑張って母を
よぶ事です」と答え、「でも、母はデパート勤務だからお正月前
一番忙しいんです。来れるかな?」と。

これから例えヒットしなくても自分が「精一杯頑張れた!」と
思ったらそれでいいのだとも言う。
これだけ話題になり、「海雪」も大ヒットを記録しているのに
紅白出場について心配顔。
2年間の下積み期間があっての今ですもの。
お母さんにもぜひ紅白の舞台を見ていただきたいものです。


posted by ムク婆 at 15:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。