2008年06月24日

バランスボールでメタボ退治<ある専門家のアドバイス>

メタボは糖尿病や心筋梗塞にもつながる
侮れない病気。
メタボ対策のカギは・・・・運動と食事です。

バランスボールを使ってインナーマッスルを強化
インナーマッスルとは日常生活で使う筋肉で、これと逆に
筋トレでつかうのは、アウターマッスルという。

<バランスボールの効用>
1)インナーマッスルを鍛えながら、骨格のゆがみも改善し
  美しい姿勢をキープできる。
2)基礎代謝があがって脂肪を効率よく燃焼し、シェイプ
  アップにつながる。
3)筋肉や関節をスムーズに動かせるようになり、立ち居
  振る舞いがうつくしくなる。
4)毎日はつらつとして、気持ちも表情も明るくなる。
5)深い呼吸をしながら深部の筋肉まで動かすので
  血流がよくなる。
6)足腰の衰えを防ぎ、さらに脳や神経を活性化し
  アンチエイジング(老化防止)!
7)バランス力が身に付き、怪我や転倒を起こしにくく
  なる。
8)効率の良いからだの使い方を覚え、疲れにくく、
  強いからだをつくる。

メタボリックシンドロームは(内臓脂肪症候群)、内臓
脂肪型肥満に加え糖尿病と脳梗塞や心筋梗塞など血管障害の
リスクがある生活習慣病といわれています。
原因は、脂肪の多い食事やカロリーの過剰摂取と運動不足
の生活習慣ですからこの逆を取り入れることにより改善の
見込みは大といえます。
つまりメタボもしくは予備軍であっても食事・運動を修正
すれば内臓脂肪が減少しメタボが改善でき、糖尿病や
心筋梗塞も回避でき、メタボを撃退することは、長寿の
秘訣でもあるわけです。


posted by ムク婆 at 22:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。