2008年08月29日

メガネの美味しさ

夏痩せしたわけでもないのに、フレームがあわない。
どこかのネジが緩んだのだろうか?と思いつついつものメガネ屋へ。
店員の話だと、暑い夏はメガネにとって大敵だという。そこで「メンテナンスをしますので、お時間いただけますか」というので、お願いした。  メガネを分解・点検・掃除・調整さらに場合によっては交換するのだそうだ。代わりのメガネを持たず、運転も不可能なのでそのまま待つことに。 
退屈して店内をうろついていると、接客中だった別の店員さんが、接客を終えたので視力をチェックしてみましょうかと提案する。
願っても無いことなのでお願いすると、過去のデーターを持ち出しまずいくつか質問された。 目が疲れないかとか、目に負担を感じないかとか。次に検眼室のほうへ。 視力チェック・レンズチェックをしたが、その結果前回と変わりないのでしばらくは今のメガネで大丈夫だそうだ。 ただし、目の疲れがひどいようなら一度眼科に行ってみたらと勧められた。 夏場は紫外線の強さや、汗が目に入ったりで知らぬ間に目を傷めているんだとか。
納得して、店内に戻る。
まだ私のメガネのメンテナンスは終わってない様子。
再び店内をウロウロ。

ショーケースのなかはフレームがいっぱい。
スタイリッシュなもの・スポーティーなもの・ファッショナブルなもの・エクセレントなものなど、ライフスタイルに合わせて沢山。

買わないことを知っているのに、先ほどの店員さんつかず離れずの距離でお付き合いしてくれる。

そろそろメンテナンスが終わったようだ。
調整しましょうかという。
ピッタリ顔の一部に。
代金は? に「結構です。お待たせしてすみません」と。
親切な善いお店である。
さすがパリミキの「メガネの三城」である。


posted by ムク婆 at 08:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。