2008年09月01日

古本売って新刊書ゲット・すご〜くトクした気分

本キチの私は、時間があると本屋へ。
口の悪い友人は「もし留守だったら近くの本屋に行けばつかまる」というほど。こんなわけだから毎月の本代もばかにならないが、もっと深刻なのは読み終わった本の処分法なのだ。
秋にはアチコチでバザーがありますが、その日を待ってなんかいられません。
そこで、一案をこうじ「本を売るならブックオフ」の古本屋に直行。

冊数もかなりありましたから、金額も3000円以上に。
感激したのは、月刊誌や婦人雑誌まで換金対照になったこと。
その足で、本屋に行き新刊書を2冊と婦人雑誌を買いました。振り返りますと、今まで古本はバザーに出すか、紐でくくって資源ごみの日に出していたんです。
おかげで家の中もすっきりしました。  そして何よりだったのは、お金を出さずに新しい本が手に入ったことです。

物みな値上がりの時代に、有り難いことですよね。
これからは、次に手にする人のためにも大事に扱おうと思いました。


posted by ムク婆 at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。