2008年09月01日

トイプードル「ラッキー」の親友が入院したんです

私の次男の家族は4人プラス・ワン(犬1匹)です。
今春から家族の一員となったトイプードル「ラッキー」の大の仲良しは
この家の次女8歳(私の孫娘)です。

10日ほど前から体調を崩し、通院していたのですが、ついに血尿が出るに至り今朝入院してしまったのです。
今日は2学期の始業式の日なんです。
お婆である私の耳に連絡が入ったのが11時過ぎのこと。間もなく長女が帰宅するとのこと。 とりあえず急ぎ次男の家へ。
長女はすでに帰宅していましたから、すぐ家の中へ。
すると人恋しかったのか、「ラッキー」が飛んできてジャンプします。
いつもは専業主婦のママさんが在宅ですからねぇー。

ひとしきり私にまとわりついて遊んだ後、ドアの前に陣取ってお座りしています。ボール遊びをしてもすぐにドアの前に。しかも首をかしげているんです。
子供の声がすると、悲しげな声で「ワン・ワン」とほえます。

長女を伴い入院の必要品を買いに行こうとすると、ハウスにトボトボ
入りました。しかし帰宅すると大変。 またもや久しぶりに会った恋人のようなはしゃぎぶり。 でもそれも一時のことでした。
すぐにドアの前に座り、小首をかしげじっと耳を傾けているんです。

しばらく気がつかずにおりましたが、いつも遊んでいた次女を待っていたらしいのです。誰かを探しているような・・・誰かを待っているような・・・。ずっとそんな仕草をしていたのです。
トイプードルって小さいんですよ。 まして生まれて半年です。
でも本当に可愛いですね!
もう家族の一員になりきっているのですから。
次女が退院してきたらどんなに喜ぶでしょうか。
その日が一日も早く来るのを祈るお婆です。


posted by ムク婆 at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。