2008年09月14日

「学習塾」個別指導で実力アップ!・悩み解決!

私の孫娘は当年10歳。学習塾はじめ幾つもの習い事をしている。
ママの都合がつかず、今回学習塾の送迎を担当したのだ。友人もその日は一緒でした。車の中でいろいろおしゃべりをし、今様の学校・塾の一部を垣間見た感じで自分の子育て当時をふりかえり、ちがいの大きいのに驚かされたのだった。

塾では若い先生に挨拶をしたところ、塾長室で待ってあげてくださいという。ほかのお母さんたちは外に出て待っているのにである。
あるいは相当の年齢とみてのことか?
とりあえず、勧められるままに塾長室に。すると塾長先生聞きもしないのに塾の特徴などを語り始めたのだ。

塾の壁には「社会は人なり、学力は基礎となる」と書いた紙が。
先生は、科目別の専属講師で相性が悪い場合は変更可能だそうだ。
テキストは学力や目的に応じて一人ひとりオリジナルのテキストを使用し学習ペースまで考慮した内容となっている。
質問は先生が隣にいるので、直ぐに受けられるし、わかるまで教えてもらえる。
授業のペ−スはとても丁寧なのでわかるまで教われます。そして、すぐに例題テストを行うので、確実に身につきます。
学習内容は得意はさらに、苦手はわかるまで時間をかけて教われるので、苦手を克服できます。
わが孫娘は行き始めたばかり。さて、何のために私に塾の説明をしたのだろうか?おかげで、待ち時間退屈せずに済みましたが、首をかしげてしまいます。


posted by ムク婆 at 17:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。