2008年09月19日

プチ整形のすすめ

プチ整形って今ではお化粧感覚なんですってね。知りませんでした。
昨日友人の家に用事があって行ってきました。持参する物をそろえていたら、すっかり暗くなってしまって。夜7時ごろになってしまいました。友人の家は近いのですが、めったに逢うことが無くって。
丁度晩御飯の時間で、カレーを作ったから食べていくように勧められ、家に帰っても独り者の私はついその気になってしまった。
出されたカレーを食べながら雑談し、お土産に持参の梨とスィーツに手が伸びたところで娘さんが登場。娘さんには5年以上逢っていなかったんですが、エッ!この親の子?と思うほど美人になっている。
確か前には一重の細い目で、メガネをかけていたはず。痩せていて胸も無くまるで男の子の印象だったのです。それが目の前の娘さんどこから見てもエレガントなお嬢さん。怪訝そうな私の気持ちを察したか友人が5年前に「プチ整形」をしたことを明かす。
聞くところによりますと、プチ整形ってお化粧感覚で若い人から年配者までが利用しているそうな。娘さんが言うには、二重にするのは簡単で、10分くらいかな〜ですって。
年配の人はヒアルロン酸を注入して小じわを亡くすんだそうですよ。
注入量にもよりますが、10万円以下だとか。残りの人生明るく楽しく生きるには適当な金額じゃな〜い?と娘さんは笑う。しかし私は笑うことができないのだ。
だって、60代は内面を見せる時代。ないめんを磨くことにお金をかけたいから。でも友人が話すには、プチ整形をしてからは、性格も明るくなり、積極的になっていいことずくめだというのだ。
それでいいと思う。同じ一生なら明るく楽しい毎日がいいに決まってますもの。友人との会話で時代は変わったのよね〜。


posted by ムク婆 at 06:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。