2008年09月19日

転職の最新トレンド

今注目の業界別転職トレンドは?
金融・・・未経験大量採用は終了。経験者をピンポイントで。
 求人そのものは依然としてあるものの、経験者に絞って採用するとこ ろが殖えてます。
電機・・・液晶やEL技術者を積極採用。選考ハードルを上げた中小企業
 大量採用といっても経験者の募集が多く、最低でも2・3年の経験が 必要です。
IT・・・積極採用と流出企業に分化。顧客との折衝能力を重視へ。
 人材不足感があり、採用意欲の旺盛な企業でも以前より選考のハード ルが高くなっており、いろいろな能力を要求されます。
コンサルティング・・・大手から中小企業まで採用に意欲。一般企業で  の専門性がいきる。
 全ての業界で最も求人に意欲的な業界。
アパレル・・・転職に動き始める人が多いが、正社員採用は少ない。
 物が売れない状況は深刻。
化学・機械・・・資源価格高騰にもかかわらず、大手が採用に広い門戸
  を開く。
 大手重電系企業の採用が意欲的。設計や購買、生産技術、設計などあ らゆる職種の人材が求められている。
食品・外食・・・逆風を乗り切るために、店作りができる人材採用に意  欲的。
 「我が家でごはん」という意識が高まり、外食産業はやや苦戦気味。
 こういう時期だからこそ、売れる仕組み、店舗開発、店舗企画など店 舗を作る本部系の人材を採用し、苦境を打開する気配が。
医療・福祉・・・開発拠点再編で苦しむ研究職。薬事関係は売り手市場  が続く。
 高齢化がますます進行する中、労働環境の厳しさも変わっていないた め、人材の動きが非常に激しい。




posted by ムク婆 at 07:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。