2008年09月29日

薩摩「なた豆」膿だしの威力

古来から伝わる不思議な巨大マメを知ってますか?
私が買い求めたきっかけは、NHK大河ドラマの篤姫に興味を持ち、薩摩について本を読み漁ったことからでした。後で知ったのですが、幸運のマメとして描かれた「ジャックとマメの木」のモデルとして知られているそうで、戦時中は無事生還を願うお守りにも使用されたそうです。薩摩では、別名「膿み取りマメ」と呼ばれて、家々では健康茶として毎日のお茶習慣となっているそうです。
この膿み取りマメは、はな、ノド、歯茎などにいいということを知り、取り寄せています。私の場合は歯茎が悪く、年に数回は歯医者にかかっていたのです。歯周病といわれてました。歯周病は糖尿病などの原因に
なるとか言われてましたので、実はだまされたと思って飲んでました。
すっかり忘れていたのですが、もう1年以上続けて飲んでおります。
そういえば毎年何回も歯医者に行っていたんですが、今年3月に、それも歯石取りの定期診察のみで、治療には今年になってから1度もかかっておりません。今回思い出したのは、なた豆の定期購入の案内が届いたからなのです。すでに定期的に届いてますから申し込みは不要なのですが、歯と歯ぐきをすこやかに保つために飲んでいた「なた豆茶」でしたが、知らないうちに歯医者に通わなくなっていたんですね。


posted by ムク婆 at 22:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。