2009年02月12日

若さをキープする方法・まだ間に合う習慣

体の衰えたい策は気が付いた時が勝負時。
さあ! 早速始めて習慣にしませんか?

 早寝・早起きで若返りホルモンを刺激!
若返りホルモンといわれるメラトニンホルモンは加齢とともに減少するそうです。 でもご安心を。 規則正しい生活リズムを保つことで分泌を促すことが可能だそうです。
メラトニン分泌には、運動と日光が必要。 朝早く目覚めて、日光を充分に浴び、日中は活動的に行動を。 分泌の亢進と分泌リズムの正常化が期待されます。
 5分間運動で基礎代謝を上げる!
運動は血行を促し、基礎代謝を上げ、ストレス解消に効果があります。アンチエイジングに有効な成長ホルモンの分泌を促し、筋肉をつけ、骨密度を上げ、体脂肪を燃焼させ、生活習慣病を予防します。
若い体をキープするために、ぜひ毎日体を動かしましょう。 ラジオ体操から入ると楽かも。
 深呼吸でストレスマネージメント!
加齢とかんけいの深い要因にストレスがあります。 強いストレス環境
に置かれると老けやすいといわれます。
ストレスがかかったり、緊張すると呼吸が浅くなりがちです。 酸素不足は美容と健康に大敵です。 そこでお勧めは深呼吸。 交感神経の緊張が和らぎ、リラックスでき、脳の活性と若返りに効果的です。
 たくさんの水でデトックス
体内に溜まる老廃物や環境ホルモンなど、不要な物資は老化を早めます。 簡単な方法として、1日2リットルくらいの水を飲むようにしましょう。 ミネラルウオーターが最適です。


posted by ムク婆 at 21:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。