2009年02月12日

駿河湾・旬の恵みは釜揚げシラスと桜えび

富士川・安倍川・大井川などの大きな河川が流れ込む駿河湾。 
その豊かな水と環境がはぐくんだ、自然の滋養とうま味をたっぷり含んだ桜えびとシラスを、静岡方面を旅した友人にいただきました。
今は生で冷凍された物が1年を通して出回っておりますが、朝揚がったものとは鮮度が全く違います。
生シラスは、ツルッとした食感とほのかな磯の香りが口いっぱいに広がります。
そして、生桜えびは、独特のコクと甘みが味覚を刺激して、豊潤な駿河湾を思わせます。 炊き立てご飯の上にシラスと桜えびを半分ずつ乗せて、刻みのりを少し中央に振りかけた二色丼を作り、食べましたらこれがまた絶品!
久しぶりに産地ならでわの、極上の海の幸を存分に堪能させていただきました。


posted by ムク婆 at 21:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。