2009年02月13日

ストレスにさよなら出来る睡眠法

睡眠中にストレスの原因を取り除けたら?
「脳」と「眠り」の不思議な関係を上手く利用して睡眠時間を魔法の時間に変えましょう。 ストレスに負けない体つくりは毎日の睡眠から。

 眠る環境をととのえる
寝付きよくするには、まず雰囲気作りから。
寝具やカーテンの色を、脳に優しい青色系統に。 目に入る位置に美しい写真やポスターを飾るのもいい方法です。 落ちてきそうな物やとがった物は潜在意識に不安を与えるので枕元には置かない。
 睡眠サイクルを知る
脳には快適に眠るにふさわしい睡眠時間があります。 一般的には、90分単位といわれます。(90×4=6時間、90×5=7.5時間)
 簡単快眠ストレッチ
起きている間に生じた体のひずみをリセットすると、睡眠中に疲労回復が順調に進みます。
 困った時の温冷浴
神経がたかぶって寝付けないときに効果的なのが温冷浴。
まず、体を洗いゆっくり湯船につかり、その後、冷たいと感じる程度のシャワーを1分間浴び、再び湯船に1分間浸かります。 これを3セット繰り返して終了です。 緊張〜リラックスを切り替え練習が効果的。


posted by ムク婆 at 16:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。