2009年04月06日

口臭予防のデンタルケア

一般的な口臭は、ちょっとした心がけで防げます。  
予防に効果的なコツを知って、さわやかさを保ちましょう。

*歯磨きのタイミングとポイント
就寝中は口内の細菌が最も繁殖しやすい時。 就寝前、起床後は歯磨きを忘れぬように。 口臭が出やすいのは、食後3時間後くらいからといわれます。 食べかすを取り除き、デンタルリンスの利用が効果的。
*口内が乾かないようにする
口臭に大きく影響するのが唾液の分泌量です。
唾液には抗菌作用がありますから、分泌が少ないと口内の浄化作用が低下し口臭が強くなりがちに。 水分をこまめに取るとか、ガムをかんで
唾液を増やすのもいいでしょう。 唾液は、疲れたり緊張すると体にストレスがかかり、少なくなります。
*食後や食間のケア
口臭は食事の後の工夫によっても抑えること可能です。
食事の仕上げにキャベツなどの生野菜などを食べると、口内が掃除され
口臭予防になります。  緑茶、紅茶、ハーブティーなども口内の細菌の繁殖を抑え、消臭効果があります。  食後の歯磨きが不可能の場合はガムを携帯し、噛んで唾液を出し、口内を潤すといいと思います。
posted by ムク婆 at 07:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。