2009年05月08日

ドライブの楽しみはお土産購入と各地の舌品 グルメを味わうこと

ゴールデンウイークに、夫の親族の結婚式に出席するため山形県に行きましたが、往きに安達太良サービスエリアの下りレストランで「三色わっぱと温野菜セット」1550円を食べました。 1日20食限定にありつけたのと美味しかったことが忘れられず、帰宅途中の上りで再挑戦することに決定。
待つ人のいない「ジジ」と「ババ」の気楽な2人暮らし。 
お腹が空いた・トイレに・お土産などとその都度サービスエリアにお立ち寄り。
今回も阿武隈高原サービスエリアの上りにあるスナックコーナーへ。
ココは昨年リニューアルし、レストランとスナックコーナーを統合した
そうで、広々としたフードコートでは旧レストランでも人気メニューだった「三春そうめん」を引き続き取り入れたそうだ。
麺類に目のない私たちは、この「三春そうめんセット」を注文した。
5月中旬までの限定メニューとかで、980円と安い。
福島は「三春の滝桜」が桜の名所として有名ですが、その三春町の名産品「三春そうめん」は平打ちの滑らかな口当たり。
私は知らなかったのですが、古くは幕府献上品として有名になり、一時期生産が途絶えて、幻の麺と呼ばれていたらしいです。
その麺を紅花で色をつけ、桜の葉を練りこんだ「桜そうめん」は口に含むとほんのり香りがするのです。
セットの天ぷらは、タラの芽・ふきのとう・メヒカリ・えびの4種類。
まるで花が咲いたような山菜の天ぷらは見た目も美しい。
ご飯は福島産ひとめぼれで炊き上げたタケノコご飯。
旬の食材づくしで、春を愛でるにふさわしいメニューがとてもうれしく
感じられました。


posted by ムク婆 at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。