2009年05月17日

高血圧はなぜ怖いの?

私、高血圧症歴20年以上。  
毎日欠かさず降圧剤のお世話になっております。
昨夜関西に住む弟が、出張帰りに我が家にやってきました。
時々来る弟とは特別の話もなく、お決まりの健康談義に。
最近、いずれも高血圧症だった親友が2人急死したといいます。
一人は脳梗塞で3日目に死亡、もう一人は心筋梗塞で救急車内で事切れたそうです。 そう話す弟も昨年「血圧高め」と診断されている身ですから、親友死亡のショックもさることながら、不安でならぬ様子。

健康診断で「血圧高め」と言われてもそのまま放っておく事ってありませんか?  すでにこの段階で脳梗塞や心筋梗塞などの、血管事故のリスクが高いそうです。
「血圧高め」は、まだ薬が処方される段階ではないので、基本的な血圧対策として、食生活の改善と軽い運動がおすすめです。
さらに、特定保健用食品(トクホ)などを食生活に取り入れるといいと思います。

毎日、一定時間に血圧測定をして血圧管理をし、血圧事故を防ぐ事を
お奨めします。


posted by ムク婆 at 07:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。