2009年05月20日

ショウブ・薬効にまつわる植物の話

ゴールデンウイークに夫の実家に行きましたら、日本庭園の池の周りに緑色の大木の松の盆栽が置かれておりました。
その一角にショウブがずら〜っと花をつけておりました。
ショウブの花言葉は「高貴な気品」というそうで、古来より縁起のよい植物と言われていたようです。  
端午の節句に、夏風に乗って泳ぐこいのぼりと鮮やかなショウブを飾る祭りは、病気や災いを祓うための行事として重んじられ、端午が男の節句として始まったのは鎌倉時代といわれます。

ショウブの葉は、端午の節句に菖蒲湯として用いられますが、このショウブは、サトイモ科ショウブ属で、花は葉の間から花茎を出して淡黄緑色の円形状肉穂花序をつけます。
各地の菖蒲園で花咲いているハナショウブやアヤメは、葉がショウブに似ていますがアヤメ科に属しショウブとは異なります。

ショウブの根茎は鎮静、鎮痛作用があり乾燥後に刻んで適量の水で沸騰した煮汁を浴槽に入れ、神経痛やリュウマチなどの入浴剤として用いられています。 また、乾燥した菖蒲根を粉末にして咳、たん食欲不良、胃炎、消化不良にも使われます。


posted by ムク婆 at 23:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。