2009年08月28日

アートを飾ってお部屋の衣替え・お気に入りのアートを飾ると、心がなごむ空間ができます

ここ数日いくらか涼しい日が続きましたが、そろそろ秋かなと思いましたら急にお部屋の衣替えがしたくなりました。

アートと言いますと、専門的に聞こえますが雑貨を飾る延長なのです。
どこの家にも、絵画と言わなくてもポスターとか写真ならあるはずですよね。 そしてそれらを壁に飾ったりしていませんか?
ポスターや写真などをほんの少しバージョンアップして「アート作品」としてみませんか?
決して難しく考えず、雑貨類を選ぶがごとくお好きなものを選んでOKなのです。

我が家の下駄箱の上には、お気に入りのガラス鉢に水を張りアイビーのリースを浮かべてありとても涼しげです。 アイビーのアチコチから根っこが出てきましたので、秋口にはお気に入りのカップに水差ししますと、器を変えるだけで温かみがでてきます。
居間のテレビ横には数年おきに行く親・子・孫の三代10人の写真が飾ってありますし、ディスプレイボードにはお気に入りの孫の写真がペタペタ貼ってあるのですが、時々写真を変えているのに気がついた孫達は自分の幼い日を知りたがって、ババと孫の楽しい会話が生まれます。
カレンダーの写真も捨てがたく、切り取って安物の額に入れ少し手を加えれば、世界にたった一つのしかも壁紙にもマッチした素晴らしいインテリアになります。


posted by ムク婆 at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。