2009年08月31日

沖縄の伝統菓子「ちんすこう」は大好物

夏休みに沖縄に行った御近所の方に、沖縄の伝統菓子「ちんすこう」をいただきました。

沖縄では食は「クスイムン」、薬であるとの考え方があるようです。

小麦粉・砂糖・豚脂だけで作る中国伝来のお菓子らしいです。

いつでしたか忘れましたが港区赤坂にある、沖縄料理店「赤坂譚亭」のちんすこうを食べてから、ちんすこう大好き人間になってしまいましたが、こちらのはコレステロールが通常の豚の4分の1、旨みが2倍のアグーと言う島豚を使うそうです。
添加物を使わないで、手でこねて焼くそうですから、かなりの高級品。
さっくり軽く、しかも香ばしく、さらに優しくて甘かったんです。
そう、伝統を重んじながら、沖縄の空や海のように楽しくおおらかに作られているのでしょうね。

今回いただいたのは、いろいろな味があって何度も楽しめるものです。
私はパイナップルと紫いも味が気に入りました。
近いうち、私がまだ行ったことのない沖縄の土産話をゆっくり聞きたいものです。


posted by ムク婆 at 20:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。