2009年11月05日

紅葉満開! 日本で一番遅い紅葉を見に行きませんか? 房総半島はこれからが見ごろです。


日本で最後の紅葉が見られる地「千葉県・養老渓谷」は例年11月下旬から12月上旬が見ごろです。
市原市の梅が瀬渓谷は、関東で最も遅い時期に紅葉が楽しめるところ。

極力人の手を加えぬように管理されたハイキングコースは、自然林を歩け、モミジ谷や日高低跡などの紅葉狩りの名所が点在しております。

そのほかに印旛郡栄町の「千葉県立房総のむら」は、カエデ・ヌルデの紅葉、イチョウの黄葉、ケヤキ・コナラの落葉の風景が楽しめます。

千葉市「泉自然公園」は池の周辺にモミジが多く、晴れた日には空の青と水面に映る赤や黄の紅葉が、すばらしいコントラストで楽しませてくれます。

野田市の「清水公園」は真紅に染まる800本のイロハモミジや黄色のイチョウ、ドウダンツツジ、ナンキンハゼが遊歩道を彩ります。
モミジ谷と呼ばれる和風庭園に流れる滝も素敵です。

posted by ムク婆 at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。