2009年11月22日

不動産会社の賢い選別法 自宅を早くしかも高く売った友人から伝授された知恵とは


この春と秋に相次いで両親を亡くした友人がおります。

親の面倒を看るために、ついに未婚のまま還暦を迎えてしまいました。
2人兄妹でしたが、早くに兄を失くしましたから、親離れ子離れが出来ず、結婚もままならなかったようです。

親の資産整理などもほぼ済んで、近年物騒な世の中なのでマンションに移り住むようになりました。
数年前から住まいの売却を考えていたようで、情報収集はやっていたようです。
まず、数社の不動産会社に当たってみたようですが、査定方法はほぼどの会社も同じだったようです。
そこで会社の対応の良しあしとチラシ上手な業者にしたそうです。

そして売り物件エリアで売りに出ている類似物件を、いくらくらいで取引されているかを、あらゆる情報で調べたそうです。
売りたい物件が地域に密着した地元の会社か、広範囲の情報を持つ大手かで、力の発揮どころが違うらしいです。

総合的には
*情報公開力がある会社で
*売買の取引件数の実績が多い会社
を頭に入れて選別したと言います。

年末までに、マンションを新居として再出発するという友人は、さわやかな顔で荷物整理に励んでおります。

posted by ムク婆 at 19:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。