2009年11月23日

日本一の芋ほり広場で大収穫祭がおこなわれました。


雨模様の11月22日、成田市の約5000ヘーべの広い畑でサツマイモ掘りが行われました。

当初、長男家族4人と私たちジジババが参加予定でしたが、孫娘がインフルエンザ発症のため、ママと孫娘は留守番となり、寂しい4人の参加となりました。

開始は9時半という事でしたから、7時過ぎに家を出てサービスエリアで休みながら8時過ぎに会場入り。
ところが、小雨が降り出したため、主催者側の判断ですでに芋ほり大会は始まっておりました。
駐車場では、箱入りのサツマイモを何箱も抱えた人と、これから開場に入る人がごった返して大混雑。

すでに2度目の体験である我々は悠然と受付に行き、5キロ500円の会費を4人分払い芋ほり広場に直行。
大小の「紅あずま」というサツマイモはあっという間に20キロを達成し、あっけなく4箱が完成してしまいました。
豚汁とふかし芋の振る舞いには、長い列をなしていましたが、いただいちゃいました。
体が温まったところで野菜の掘りとり体験へ。
小1袋300円でしたが、我が家は3袋分に大根・ニンジン・カブ・ジャガイモがギッシリで、新鮮さもプラスのお買い得。

JAかとりの皆さんお手製の品々を、山ほど買い込んで家路につきました。
勿論食べきれませんから、アチコチにおすそわけ。
そんなところから、温かいお付き合いが続くのだと一人満足。

新鮮な野菜の調理は夜まで続き、あ〜つかれた!
言うまでもなく夕飯はカレーライスと風呂吹き大根でしたょ。

posted by ムク婆 at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。