2009年12月02日

手作りハム&ソーセージの製造発祥の地


第1次大戦のころ、千葉県習志野の収容所につれてこられたドイツ兵によって伝えられたと言われるハム&ソーセージ。
異国で技術を伝えた彼らの思いは、日本のソーセージ製造発祥の地で今も息づいているのです。
千葉県内ではアチコチに、手造りハムの店があります。

*マイスター東金屋*
昭和48年から自家製ハム・ソーセージを製造の老舗。オリジナル商品が多数ありますが2004年ドイツの食肉加工見本市&コンクールで金賞受賞。 大正時代から続く精肉業ということもあり、肉の目利きは確かなものが。

*アーベントエッセン*
ドイツのコンテストで金メダルの本場の味に感動。
フワフワした食感の「ミュンヘンソーセージ」は技の真髄。
手間暇かけたベーコンは、料理をプロ級に押し上げる美味しさ。

*ゆりのき台デリカテッセン DANNKE*
人気はやはりソーセージ。
おなじみウィンナー・ソーセージを始め、本場が認めた商品がずらり。

*権兵弥(ごんべや)のハム*
昭和37年から養豚業を営む「大権農場」の肉を使用。
飼育から目の届いた厳選豚によるハム・ソーセージを求めて、遠方からの客も多いという。
99年にはオランダ、トレードコンテスト金賞受賞。

*アンデルセン*
本場ドイツの香辛料と大多喜産豚肉使用のドイツ方式で製造のハム・ソーセージは、肉の味がしっかり活きている確かな技術の賜物。

クリスマス・お正月にいいと思いますが。

posted by ムク婆 at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。