2009年12月08日

我流「ゆず茶」もいいものです

ゆずの木のあるお茶飲み友達から、冬になるとゆずの実が届きます。

漬けものなどお料理に使用したり、お風呂に入れたりですが最もお気に入りは、お湯割りゆず茶です。

これはゆず茶と言っても、ジャム状にしたものを大さじ1〜2杯をカップに入れてお湯を注ぐというものなのです。
甘さは自分で加減できますから、軽くかき混ぜながら楽しめるのですが、体が温まるのがこの季節には嬉しいものです。

ゆずは香りも高く、喉にもいいようですからやっぱり癒し系ですよね。

この「ジャム状ゆず」は、ヨーグルトに入れたり、パンに塗ったり、煮物に加えたりと結構利用範囲が広いです。
お料理からデザートまで、幅広く活用できるすぐれもの。

ビタミンCも豊富なうえヘルシーなゆず。

昔から12月22日を「ゆず湯の日」とされておりますが、体が温まって、風邪の予防を願ったというのも、先人の知恵なのかもしれません。

posted by ムク婆 at 10:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。