2009年10月11日

秋のバラフェスタがあちこちで開催されているようです


東京・調布市の神代植物公園では、300種5000株のバラが見ごろを迎え、いま「秋のバラフェスタ」が始まっているそうです。
夜のライトアップが、園全体を幻想的なムードにしているらしいです。

千葉・八千代市の京成バラ園は、年間を通して公園内は老若男女でにぎわっております。
春・秋のバラフェスタはそれは見事なもの。
マンションに囲まれた広大な一角は、まるでおとぎ話の世界のよう。
バラのアーチや小川や滝があって、橋を渡ったり小高い丘の芝生に寝転んでみたり。

温室がいくつかあり、熱帯植物や観葉植物も見事で、行くたびについ一鉢買ってしまいます。
今、我が家で唯一自慢できるのは、リビングルームの大きなゴムの木ですが、小さな鉢を350円で買い求めたものなのです。

隣にはレストランがありますから、小休止するにはもってこいの所。
道路を挟んだ向かい側には、はちみつ屋さんがあります。
ここのはちみつは純粋ですから高価ですが、美味しさが違います。

秋は菊と共にバラが素晴らしい時期です。

青空のもと、お花をのんびり見て歩くのもいいものです。
posted by ムク婆 at 07:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

十三夜と十五夜を比べるとわずかな違いがありました

古来より旧暦9月13日夜(今年は10月30日夜)に十三夜と呼ばれる、名月を鑑賞する風習があります。

お月見と聞いて思い浮かべるのは、旧暦8月15日の十五夜(中秋の名月)が一般的ですが、これは古代に中国より渡来した風習なのです。

十三夜の起源は十五夜とは異なって、わが国古来の伝承と言われておりますが、ハッキリしたことは定かではないようです。
でも記録によりますと、醍醐天皇の延喜19年(919年)に、十三夜の宴を催したことが表わされているようです。

十五夜の月見はサトイモをお供えすることから、芋名月と呼ばれるのに対して、十三夜の月見は豆名月とも栗名月とも呼ばれます。
そのほかに団子や餅、果物などをお供えするのは十五夜と同じです。

十三夜は「後の月見」とも言います。
中秋の名月の後の月見と言う意味です。
古くは、十五夜と十三夜は同じ庭で観るものとされていたようです。

別の庭で観ることや、どちらか一方しか見ないことを、片月見と言って嫌います。
posted by ムク婆 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

衣替え・めんどくさがりの私の場合


肌寒く感じる日が増えてきました。
この時期は、朝夕寒く日中は暑いという夏物と秋冬物の衣類が混在して部屋中あるいはクローゼットの中は目茶目茶になりがちです。

でも、ここで面倒がっておりますと、後で益々面倒なことになってしまうんですよね。
私の場合は、秋晴れが続いた3日目あたりに、まず虫干しでテンションをあげちゃいます。
まず窓を全開し、空気の入れ替えをしてから、部屋中に夏物衣類を広げて虫干しです。
空になったタンスやクローゼットは、ここぞとばかり大掃除。

入れ替えで、無駄な衣類に見切りをつけたり、サイズが合わない、流行遅れなどは思い切って処分します。
大胆なワードロープや収納方法を見直す機会となります。

虫干しが終わってしまう時にシミなどをチェックします。
汗ジミは2度洗いしたり、クリーニングにだしたり・・・
何枚かは取り出せるところに収納しておくと、暑い日や翌年の春先に重宝します。

入れ替えた秋冬物は、アイテムごとに分類しておくと、身につけるときに便利です。



posted by ムク婆 at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャム作りはフルーツの豊富な秋が最適です


甘みの強い旬のフルーツは、自家製ジャムを作るのにピッタリです。
旬を迎えたフルーツは、風味も糖度も増す上、安く手に入りますから最高です。

友人などは、ジャム作りって面倒でしょ? と言いますが、意外に簡単に作れます。
美味しく造るポイントは、煮詰めすぎないことです。
冷めると粘度が増しますから。
市販のジャムの濃度まで煮詰めないで、少しサラサラ状態で火うぃ止めるといいようです。

私は日ごろから、ビン詰めなどの空き瓶がありますと捨てないでとっておき、ジャムを詰めてラッピングし、友人宅に行く時などの手土産にしております。
勿論使用する前に、ビンは煮沸消毒をしておくことが大切です。

昨日はイチジクを買ってきましたので、昼食後に早速作る予定です。

posted by ムク婆 at 11:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

大人のファッションの定番は?

好きなものは変わらないものです。
着たいものを着ればいいと思います。
スタンダードだけれど、チョット今風に。

*ボーダー*
幅の太さや素材で印象は変わります。
マリンなボートネック、パリジェンヌのような丸首。
ボーダーTはいくつになっても若々しいもの。
少し女性らしくと思ったら、軟らかい素材で幅は細めのものを。

*ストール*
最近大ブームアイテム。
でぱーとのストール売り場は多彩でビックリしてしまうほど。
淡い色合い、チェックの物など一つに絞るには大変です。
薄手のものなら、結んでも、ふわっと肩にかけても自在です。

*チュニック*
いくつになっても気持ちは女の子。
ちょっと長めのトップスやワンピースをパンツやレギンスと合わせると素敵です。
ウエストラインを気にせず着られるのがいいですね。
でもそれに甘えすぎてはいけないのです。

*ジャケット*
腰よりちょっと上くらいの短めの丈をはおる感覚で。
大きめのシルエットの服の場合、トップにはおることで全体のバランスが絞まります。かといってかっちりした物はミスマッチ。
ワークウエアのようなデザインやボレロ感覚のものがいいのでは。

posted by ムク婆 at 16:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラダマネジメントのすぐれもの


スポーツの秋到来です。
子供の運動会、地域のスポーツ大会など体を動かすことの多い季節。
久しぶりに動かす体に体力の衰えを感じたり、翌日の筋肉痛に悩まされたり。
思いがけぬ体力の低下具合に、がっくり肩を落とすパパやママ。

健康のためには、運動をしたほうがいいとは解かっていても、なかなか習慣にするのは難しいものです。
こういう時こそ家族で励ましあって、楽しく体をメンテナンスしますと、パパはメタボが解消され、ママはダイエットに成功し、子供たちは基礎体力のアップにつながり、いい事が後からついてきます。

そのような時に手助けしてくれるのがカロリー測定機なるもの。

歩いても、仕事しても、ボーっとしていても測定中。
1日の総消費エネルギー量を表示してくれます。
安静時の代謝量も表示してくれます。
週間エクササイズグラフや7日間メモリーが見られます。
歩数や時計、歩行距離や歩行時間もすぐ確認できます。

こんな面白いものを見つけちゃいました。
1日の活動量をはかって、体マネジメントができる時代に脱帽です。


posted by ムク婆 at 14:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本の読み聞かせってとても大切な育児の一つです


先月市のファミリー・サポート・センターで子育て支援の基礎研修を受けました。
この会は子供を預かる会員と子供を預かってほしい会員、そして預かることもできるが預かってもらうこともあるという両方会員で活動するボランティアの会なのです。

2年前に大病をして、今だしゃきっと出来ない自分に元気と勇気を与えようと飛び込んでみた会なのです。
出来るときに、出来ることを、無理しないで協力しようと思ったのが動機でした。

孫も大きくなり、子育てを忘れかけていた時期に、基礎研修はとても役に立ちました。
保育・栄養・保健からなる研修でしたが、今どきの子育てに何十年も前の子育てとの違いを感じたり、わらべ歌を懐かしみ、簡単な工作、本の読み聞かせ法といった研修でしたが、中でも本の読み聞かせの重要さを学びました。

本の読み聞かせをしているママが、今どのくらいいるでしょうか?
携帯メールを打つ時間はあっても、読み聞かせの時間は無いとか、今忙しいから後でとかで、後回しになっていませんか?
研修を受けた若いママたちが、一様に話していましたが「絵本の読み聞かせってしてないなぁ〜」でした。
テレビやゲームで時間をつぶす今どきの子供たち。

提供会員として依頼会員から幼児を預かったら、真っ先にしてあげたい絵本の読み聞かせです。
posted by ムク婆 at 07:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

ハロウィンは親子の手づくりパーティーで楽しもう


いつの頃からかハロウィンが日本に定着して、夏が終わるとコンビニでもスーパーでも衣料品店でもハロウィンコーナーを設置して、さまざまな商品を売り出します。

数年前、私の2人の孫も英語塾のハロウィンパーティーに出席し、仮装を凝らしてパレードに参加しました。
思い思いの服装でパレードし、終着点でお菓子を配られ解散したのですが、参加したどの子も楽しそうで、満面の笑みでカメラにおさまっていました。

でも、すっかり秋の深まった10月31日を家族でハロウィンパーティーなんて素敵ではないでしょうか。
パーティーに先駆け、親子で手づくり準備をしてはいかがでしょうか?

チョコペンでお絵かきの手造りクッキーや紙コップにペインしたり。
そしてお箸もカラフルにお化粧。
オレンジ色の飾りでいっぱいの室内は、ほんわかと温かい気分になるはずです。

ハロウィンパーティーって私の子育てのころはあまりなじみがなかったけれど、結構楽しいイベントかもしれません。
posted by ムク婆 at 07:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険クリニックで保険を見直して家計簿改造

10月に入ったら、保険の広告が多く目につくようにならました。
11月は保険月だそうですから、そのせいかもしれません。
私は保険の控除証明書が送られてくる10月を、毎年保険の見直し月と決めているんです。

今年は保険クリニックと言うのがあるのを知り、こちらにお願いしてみようと思います。
保険の見直しは、家計を助ける節約術のひとつなのです。

保険セールスにすすめられるまま加入して、ず〜っと保険料が自動引き落としになっているという人も多いはず。
私も数年前まではそうでしたから。

住宅ローン、子供の養育費、今後の生活を考えると無駄な出費を抑えたいと言う人も多いと思います。

保険の見直しをすることにより、大きな節約ができるかもしれません。
よりよい保険が出ているかもしれません。
特定の保険会社に限定せず、いい保険に乗り換えるのもいいかもしれません。
保険クリニックは保険のプロが、中立的立場でアドバイスしてくれるそうで、無理な勧誘もないそうですから安心して相談できそうです。
posted by ムク婆 at 07:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

エコな生活で身の回りにいい事がいっぱい!

だいぶ前から、我が家では生ごみを蓋付き小型バケツに入れているのです。
最近になって私の住む地域では、燃えるごみの収集日が週2回となりました。
先月まで週3回で、2日にT回の収集日でも道路にはみ出すほどの量でしたから、今月から週2となってますますごみの量は多くなり、7時頃に行ったら置く場所もありません。
うずたかく積まれたごみは、ネットからはみ出してカラスに突かれてしまいます。

多くの家庭では、45リットル入りごみ袋を使っているようです。
ところが我が家では、30リットル入りごみ袋が半分にもなりません。
もっと小さい袋のほうがいいのですが、市の指定袋ですから仕方ありません。
では、なぜごみが少ないかと言いますと・・・生ごみを土に返しているからです。 勿論小さめに切り刻んではおりますが。

蓋付きバケツの生ごみの混ざった土を使って野菜を作りましたら、肥しとなって今夏は見事なきゅうりなど夏野菜が取れました。
毎日食べきれぬほどの野菜が取れましたから、すっかりベジタリアンとなりお肌つやつや、長年の便秘症もすっ飛んじゃいました。

畑がなくても大丈夫。
発泡スチロールに、土の上に生ごみその上に又土・生ごみという具合にサンドイッチに入れていきますと簡単です。(腐りにくいものは別にするといいです)
8分目ほどになりましたら、土を多めに入れて花を植えたり苗を植えたりできますから。
これからですと、春咲きのお花なんて素敵だと思います。

posted by ムク婆 at 12:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

映画「火天の城」・・生きる手本となる人物が目の前に


04年第11回松本清張賞を受賞した山本兼一氏の「火天の城」を見てきました。

安土城が出来上がるまでのエネルギッシュな人間模様が、細かく描かれており、感動しました。
現存はしないのですが、確かに巨大な城があったという、設永最後の居城である安土城。
その棟梁を務めた岡部又右衛門以言(おかべまたえもんもちとき)を主人公に、安土の山が城になり、燃え尽きるまでをかかれたしょうせつなのです。

図面争いや木曽のヒノキを入手するための情熱、事故や最後の調整に至るまで、スケール感たっぷりに描かれておりました。

安土城。
この城には、最初から最後まで壮大なドラマがあったようです。

原作は読んでいないのですが、常に自分の勢力範囲の中心に城を持って居城としていた信長に興味深さを覚え単行本を入手しようと思います。

posted by ムク婆 at 11:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痩せるチャンスってあるんですね

退職と同時にお腹の出て来た夫の口癖は「血圧もコレステロールも血糖値もまあまあだから痩せる必要なし」でした。

確かに定期健康診断は問題なしでしたから、常備薬はありません。
でも、最近万歩計をつけて歩いているときに、体調に変化を感じたようなのです。

その夫が膝の痛みがきっかけとなり、どうやら痩せる気になったらしいのです。
嬉しい事に夫を痩せる気にさせたカギはモチベーション(動機)とチャンス(好機)のようです。

最近私の親友の夫が亡くなり、夫とともにお通夜に行きましたが、親しい方の死だっただけに不安を感じたようで、健康に関心を持ったようです。健康に関するテレビ番組を熱心に見るようになりました。

数日前に歯痛で丸1日食物がのどを通らず、流動食で過ごしたことがありました。
私は内心「お腹を引っ込めるチャンス」ととらえ、ひそかに低カロリーのダイエット食を夫に用意しています。

喉元過ぎて熱さを忘れる前に、ダイエットのスタートを切りましたが、果たして夫のお腹は凹むのでしょうか?


posted by ムク婆 at 11:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

浅見光彦シリーズの津和野殺人事件(再放送)に見入ってしまいました


日曜の昼下がり、昼食の後かたずけを終えてテレビのスイッチを入れま
したら、浅野光彦シリーズ26 <津和野殺人事件>の再放送をやって
おりました。  

一度見たのですが、暇を持て余していたのと大好きな萩・津和野が見た
くて。

私は以前から焼き物が大好きで、陶器市がありますと少しくらい遠くても出かけて行っては、買い求めていたのです。
以前はぐい飲みを収集しておりましたが、よく家人にお酒を飲みもしないのにぐい飲みばかり集めて・・と冷やかされる始末。

そもそもぐい飲み集めに走った理由は、北陸を旅した時に記念に買い求めた九谷焼の絵付けの素晴らしさに魅せられてからなのです。
たしか1個5千円位したと記憶しておりますが、お正月のおせち料理の盛り付けに利用して、いつもほめられているぐい飲みです。
そして萩焼がとても好きなのです。
今回の番組でも、萩焼の底の部分がカットされてる理由を述べておりましたが、番組を通じて知ったことでした。

再放送を見て、行ってみたい旅行地候補に加えてみましたが、実際に津和野の地に立つ日はいつになるのでしょうか。
posted by ムク婆 at 20:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

40歳からのダイエット

40歳からのダイエットといいますと、60代の私にはすでに遅いかなとも思ったのですが、最近読んだ本の中に常識に縛られないダイエットと言うのがありました。

「毎日体重計に乗ることからダイエットを始めましょう」と言うことはよくあるアドバイスなのですが、実はこれがダイエットの妨げになるというのです。

<体重は毎日量らない>
一般に食事の後、トイレ後、汗をかいた後など1日中体重は変化しているもの。 増えた・減ったの一喜一憂が精神上良くないので、毎週1回のみ曜日を決めて計量する。
<3食きちんと食べなくてもいい>
3食とらないと体に悪い、朝食を抜いてはダメという健康常識は捨て、1食抜いてもどうということなしと考えを変える。 朝でも昼でも楽に削れる部分を探すこと。
<1日30品目は食べ過ぎ>
1日30品目はオーバーカロりーです。 バランスが良ければよしと考えればOK。
<コーヒー、紅茶には砂糖を入れる>
砂糖1本4〜5グラムは20キロカロリー弱。 ミルクをプラスで60キロカロリー位です。 砂糖抜きでクッキーやカステラに手を伸ばすより、甘くておいしいコーヒーや紅茶を楽しむほうが満足を得られます。
<みそ汁はひかえめに>
みそ汁のおかわりは控えること。 そばつゆやみそ汁を飲みすぎると、後で甘いものが欲しくなるものです。 食事の塩分を減らすと甘いものへの衝動が抑えられるのです。
<お腹がすいたらレスキュー食品を>
空腹時は低カロリーのスープやスープヌードルを活用し、ケーキや軽食に手を出さないで、レスキュー(救済)菓子の力を借りるといいです。

とありました。
これなら、たやすくダイエットできそう!
そんな気がした私です。


posted by ムク婆 at 08:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

メガネも目的に合わせると疲れにくいと言いますが

メガネを机から落としてしまいました。
すぐに拾い上げたのですが、ネジがゆるんでいたらしく、ツルの部分が外れて分解されてしまいました。

車の運転時は、免許証にメガネ使用と書かれてますから当然の事なのですが、パソコンを使うときにも必要ですから困ってしまいました。
丁度夫がおりましたので、いつものメガネ屋さんに車を走らせてもらいました。

たまたまセール中だったせいでしょうか。
店内はとても混雑していたのですが、フレームの一部分を止めるだけでしたから、すぐに元通りにしていただくことができました。

待っている間に別の店員さんとお客さんの会話で、専用のレンズだと瞬時に焦点が合ってとても快適なんですという説明がありました。

私も実は運転用とパソコン用に分けて使っておりますが、目的に合わせたメガネは疲れにくい気がします。
ちょっと贅沢のようですが、読書用とか料理用に分けるともっといいらしいです。
あまり種類がありますと、粗忽者の私なんか間違えてばかりになりそうな気がしないでもないのですが・・・・・。

posted by ムク婆 at 18:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぴったんこカンカン <秋の小江戸・川越巡り> 吉行和子と富士真奈美のコンビに大爆笑してしまいました

ぴったんこカンカンは毎週楽しみにしている番組なのですが

今回のゲストは私と同世代ということもあって

仲良しともだち吉行和子・富士真奈美さんの

二人の絶妙な会話が滑稽でした。

恥ずかしながら、私も電化製品など機械物には全く弱くて

息子との会話に似ているようで「私もきっとこんななのだ」と

身につまされました。


水運による江戸との結びつきが深かった川越での体験や

ぶらり歩きは可笑しくって、楽しくって

久しぶりに、年がいもなく大笑いしちゃいました。

10月17・18日は350年もの間

うけ継がれてきた川越まつりだそうで

人形を乗せた山車が、古い街並みを練り歩くそうです。

今回私も見物に繰り出す予定です。
posted by ムク婆 at 13:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

伊勢神宮 神の森を歩く平成の「おかげ参り」

終日の雨降りに外出もままならず、孫達の幼いころの写真を引っ張り出して見入ってしまいました。

我が家の長男が社命で名古屋に赴任していたころ、結婚式で神戸に行った帰りに立ち寄ったことがありました。
休暇をとって案内してくれたのが伊勢神宮でした。

その昔、伊勢参りは庶民にとって一生に一度の大旅行だったようです。
かく言う私も息子に連れて行ってもらったこの時が初めてでしたが。

伊勢参りが盛んになったのは、平安時代中期と言われ、江戸時代にはおかげ参りと呼ばれて集団参詣ブームがおきたそうで、おかげ参りとあらば関所も通れ、お金のない参詣者にも、わらじや杖、おかゆなどが無料で支給されたと聞いたことがあります。
20年に1度社殿やご装束、神宝を新しく造り替える「式年遷宮」が行われますが、いわゆる神のお引っ越しと呼ばれているようです。

次回の遷宮は2013年ということですが、今年はこれに先駆け、11月3日に架け替えられる「宇治橋渡始式」が行われるそうです。
そんなことを調べましたら、急に行ってみたくなりました。

長男たちも転勤して関東に移り住んでおりますが、2度目の平成おかげ参りをして、元気をいただきたくなってきました。

posted by ムク婆 at 17:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新米でおにぎりが最高のもてなしになって!

昨日のお昼近くの事でした。
突然友人が遊びに来ました。

遊びにと言ったってお互いお婆ですから、いつもお茶を飲みながらの他愛のない世間話に終始するのですが、今日はお昼まじかとあってトンカツとカキフライを持参してくれました。

では、ご飯を炊くわと言いましたら「新米?」と聞いてきました。
「もちろんよ」と言いましたら、おにぎりにしてほしいと言います。
さっそく洗米し、電気がまのスイッチを入れ、再びおしゃべり。

1時間後おしゃべりの続きをしながら、おにぎり作り。

レストランのランチよろしく、お洒落にセッティングをしてみました。
ランチョンマットの上には、ポテトサラダと漬物鉢とお取り皿。
テーブルの中央にはおにぎりとお持たせのフライ盛り合わせ。

おにぎりを1口2口食べた友人は、いきなり「このおにぎり最高!」と叫びました。  知人の住む米どころから届いた新米の味が、薄塩のおにぎりにマッチして、私が食べてもおいしいのでした。
新米は、お米の味がそのまま伝わる塩おむすびが一番のようです。
今回使った塩は、夏休みに八丈島に旅行した友人のお土産の塩でしたから、美味しさも倍増したのかもしれません。

久しぶりに訪ねてくれた友人との昼食をとりながらのオシャベリは、延々と2時間も続きました。
お店なら、追い出される時間よね!などと言いながら・・・・。

posted by ムク婆 at 11:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟へ・・<旬のうまさに出会う旅>

現在友人たちと新潟・佐渡への旅を計画しております。

話を持ちかけた時ある友人は、お土産売り場で曽我ひとみさんの夫ジェンキンスさんに会えるかしらと大真面目。
えぇそれは可能かもと無責任な返事のわたし。

別の友人は、新潟は秋が一番美しいらしいわよと。
うぅ〜ん。 秋の美しいところは他にもあるけれど・・とつぶやく私。

また、別の友人は一度訪ねたことがあるらしく、「朱鷺バス」と言うのがあってトキ関連スポットを回るバスがあるのよ。もしかしたらトキの雄姿が見られるかもと。

そうそう。 見どころはたくさんあるらしいけれど、収穫の秋でもあり、美味しいものを堪能できる季節が到来したのよねぇ。
食欲全開の本当の私の狙いは、旬のうまさに出会いたいからなんです。

今はデパートなどで物産展が開かれて、行かずとも美味しいものが入手できる時代です。
でもでも・・ちょっと欲張りになって、食べて・見て・試してというのを体感して、お腹も心も幸せにしたいのがネ・ラ・イなのです。
今日あたり、パンフを集め本を買い込んで計画に入ろうと思っております。
皆が満足できる旅になりますかどうか・・・・・。

posted by ムク婆 at 08:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

ピロリ菌が私の胃の中に・・・

私当年65歳のお婆です。
2年ほど前のこと。
胃の痛みを感じ、我慢しがたくなって病院に行き胃カメラの結果を見た先生曰く。
「こんなにひどい胃潰瘍見たことがない、組織を摂って検査します」
のんきな私は、「ははぁ〜。 私の潰瘍を医者の卵たちに見せるのね。 標本にされちゃった」位にしか思いませんでした。

突然病院からの呼び出しで行ってみましたら、「胃癌ですから○日入院○日手術の予定ですがどうしますか?」
私の頭は超パニック状態。
考える余裕もなく即入院し、手術を受け3週間で退院したのですが、私の体から胃の3分の2は消えてしまいました。

あれから2年過ぎ、今回ピロリ菌が陽性と解かり治療薬をいただこうと薬局に行きましたら、ペニシリンショックのある体には使えない薬だと
言われてしまいました。
近日中、再診の上医師と相談するつもりですが、とりあえずピロリ菌に聞くというヨーグルトの宅配を頼みました。
朝夕の食間に食べるようですが、結構高いんですよね。
いろいろ調べましたら、ピロリ菌がいることにより、胃潰瘍や胃がんを引き起こす確率が高いようなのです。
わずかに残された胃が全摘出されないためにも、早くピロリ菌を退治しなければ!

posted by ムク婆 at 05:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

春咲きの球根はそろそろ植え時ですね!

木々が紅葉し、やがて冬の準備を始めるころ、来年に向けて庭の手入れをする季節です。

ガーデニングコーナーでは、球根の特設コーナーが設けられ、チューリップ・クロッカス・ヒヤシンスなど多様の球根が並んでおります。
そもそも園芸好きな私を釘ずけにするのは、特設コーナーなのですが、写真付きで売られている球根は行くたびに寄って、見るたびに買ってしまうのです。

特にチューリップはバリエーションが豊かで、新種(見慣れない種類)は2〜3個買って植木鉢に植えます。
そのほかには、色彩を考えて大鉢に寄せ植えしたり縁どりに植えたり。
冬から春にかけては色彩が寂しくなりますから、特に色彩に気を使います。
我が家では、パンジーやビオラも種まきからしますから、少し時間がかかりますが、楽しみの先行投資と考えて土や肥料にもお金をかけます。

寒さに強い小型のシクラメンも、店頭に顔をだしはじめました。
庭の落葉樹が葉色を染め始めると、寒い冬の到来もまじかです。

posted by ムク婆 at 15:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

記憶力アップの生活習慣とは?

最近「あら? 思い出せない」ということがままありますが、これって脳の老化現象の一つなんですって!

たとえば
*国民の祝日を7つ言えますか?
*日本の都道府県名を7つ言えますか?
*花の名前を7つ言ってみてください
*現在日本にある銀行名を7つ言えますか?
*魚の名前を7つ言ってみてください
*雑誌名を7誌あげてみてください
*カレーの食材を7つ言ってみてください

これらがスムーズに言えるようなら、記憶力は確かのようです。
でも、半分以下の問題ありの場合はさあ大変!
生活習慣をちょっと変えて記憶力の低下を予防しましょう。

気軽にできることから・・・朝日を浴びましょう。  直射日光に当たり、ホルモンを目覚めさせる。
恐れずに挑戦を・・・新しい事にチャレンジしませんか。  何歳になっても初めてのことにトライする気持ちが大事です。
毎日欠かさない方法として・・・手軽に摂れるサプリを利用するのもてです。  食品の管理を気にせず、定期的に摂取出来ます。
工夫しながら手を動かして・・・塗り絵をしてみませんか?  
成果にとらわれず、楽しんでできる手作業を。

とっさの対策として、ミントガムを噛むのは意外な急性主となります。ガムを口に入れ、絶え間なく噛むことは、脳が感じていたストレスが自然に解消されて、ふっと思い出せたりします。

 
posted by ムク婆 at 09:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶力が減少しているようなのですが・・・

私は最近「人の名前が出てこない」「物をしまった場所を忘れた」時には「昨日の夕飯のメニューを思い出せない」といったことがままあるのです。
これって脳が衰えてきているというサインらしいのです。
脳の機能で主なものは、「認知」「判断」「行動」の3つですって。
これらがおとずれる年齢は50代、60代から誰にでも現れるらしいのですが、60代以降はさらに具体的な障害としてあらわれる人が多いらしいのです。
私にもあてはまることなのですが、脳の老化のサインが出やすい季節があるらしいのですが、それが何と秋ですって!
脳の老化を防ぐ方法として「脳を守る」「心を元気に保つ」「活動的に過ごす」が3本柱となるようです。

これらには根拠があって、夏が過ぎ気温が下がってくると、自律神経が乱れやすくなり、心の状態も不安定になりがちに。
さらに、日照時間が減少することによって、脳内ホルモンの活動が変化し、元気をなくす例が多いそうです。
自然界の色彩が減少し、刺激が少なくなることも遠因だと言いますから驚きです。

私の好きな秋という季節。
「読書の秋」「芸術の秋」「食欲の秋」などと言われておりますが、医学的には、秋は頭の回転が鈍り、気力の衰える季節と言うそうです。

posted by ムク婆 at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

若さを保つ「ゴマパワー」

秋口に夏の疲れが出ると言いますが、私もこのところ何となく体がだるいのです。
連休疲れかなとも思いましたが、雑誌で観た体の中から若さを保つゴマパワーを試し飲みしてみようと思います。

確かにゴマは最近見直されており、ゴマの成分「セサミン」が健康にとてもいいようなのです。
ゴマはビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富で、最近の研究によりゴマリグナンという聞きなれない独特の成分があることが判明したそうです。  この成分は体の錆つきを予防し、若さを保つのに大切な成分らしいです。

*何となくスッキリしない
*年齢が気になるようになった
*食生活や生活習慣が不安
*いつまでも元気で活動したい
と言う人にお勧めらしいので、取り寄せてみようと思います。


posted by ムク婆 at 09:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

保険加入は健康な時こそ考えるべきです

高齢化社会となり、元気なおじいちゃんやおばあちゃんがとても多くなりました。
バスツアーでも買い物に行きましても、お年寄りを多く見かけますが、元気に散歩する年配の方も多いようです。
でもそのような方の中にも、一病息災で成人病をかかえておられる方もいるのではないでしょうか。
それ以上病気を生まぬために散歩をしている方もおられましょう。

月1の割で降圧剤をいただきに通院する私ですが、病院の待合室で60歳過ぎたら急にアチコチが悪くなってとか、健康診断で引っかかって検査したら糖尿だったとかよく聞く会話です。
でもそのあとに、保険に入ろうと思ったら断られたという方が意外に多いのにびっくりしました。

高齢になるほど、加入保険の見直しなどしないようですし、死亡保険のみと言う方も多いはず。
最近はがん保険や医療保険のほかにも、いろいろ特約がつけられるようです。
私も、がん保険に助けられたのですが、友人は白内障の手術で忘れていた給付金がもらえて、助かったという人もおります。

どこかが悪くなってからでは加入出来ないのが保険ですが、健康な時こそお守り代わりに加入するのがいいと思います。  いえ、健康だからこそ病気した時のために入るべきなのが保険なのかも。
posted by ムク婆 at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。