2009年10月28日

鱈(冬が旬の魚・たら)の健康効果


白身魚の代表ともいえるタラが旬を迎えます。
漢字で「鱈」と書きますが、これは雪が降るころ取れると言う意味なのだそうです。
鱈は通常、切り身で利用されますが、タラの肉に塩を加え、すりつぶして加熱したかまぼこやちくわとして、広く食べられております。

青背の魚に比べると、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)という脂肪酸は少ないものの、健康効果が大きいことが研究結果で判明しております。

*高血圧の予防として、鱈のペプチドが挙げられますが、血管の収縮を抑えて、高い血圧を下げる働きがあります。
*高血糖・糖尿病予防として、カマボコ+糖のネズミと糖だけのネズミと比べた実験で、カマボコを食べたネズミに血糖値の上昇が大幅に抑えられたことが解かったと言います。
*高コレステロール血症の予防として、カマボコを与えたネズミはカマボコを与えなかったネズミより悪玉コレステロール値が著しく低かったと言います。
*ガンの予防として、鱈はもともと大根・白菜などの野菜に含まれる発がん物資を排出することで知られております。

タラの健康効果は、カマボコやちくわをそのまま食べても得られますし、鍋や煮つけやフライで食べても同じ効果を得られます。

毎日少量でも摂るようにすると、健康効果が得られるようです。

posted by ムク婆 at 07:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

薬膳そばが届きました。 クマザサエキス入りですって!


たった今宅急便が届いたんです。
贈り主は京都に住む私の友人で、多分秋口に送った千葉名産の梨「豊水」の返礼だと思います。

「薬膳笹そば」は島根県産のそば粉に、奥出雲産のクマザサから抽出したエキスを練り込んで作った、こだわり素材のそばだそうです。

初めて味わうおそばですから、とても興味がありますが、夕食はすでに済んでしまいましたから、明日の昼食にいただくつもりです。

「薬膳笹そば」という名前からも、健康にいいみたい。
病院通いが絶えない私を思って贈ってくれたのだと思いますと、感謝以外の言葉もありません。

このおそばは、そば特有のルチンやソバポリフェノールの他、クマザサに多い多糖類、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素が豊富に含まれており、合成着色料・保存料は不使用だそう。
クマザサ特有の味と香りを楽しめそうで、明日が楽しみでなりません。

あ! その前に、お礼の電話をしなくっちゃ。

posted by ムク婆 at 21:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスモスが秋風にゆれて・・・


千葉に住んでおりましても、中央区の街を歩くのは久しぶり。
千葉駅から「そごう」や「三越」は歩いて数分の距離。

チョット用事がありまして、県庁近くまで歩いたのです。
交差点の四つ角には花壇があり、年間を通して季節の花が植えられているのです。
今はコスモスが真っ盛り。

私は可憐なコスモスが大好き。
そのコスモスが、秋風にゆれて道行く人々の心を魅了しています。

コスモスは、メキシコ原産で、日本にはヨーロッパを経て明治初期に渡来したと言われます。
今では各地で広く栽培され、秋桜(あきざくら)の和名で秋の花として親しまれています。
コスモスは1年草で、白・桃色・紅色の3色があります。

しばらくは千葉の中央街では、満開のコスモスが時折吹く風に揺られながら街ゆく人を和ませてくれることでしょう。

posted by ムク婆 at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

お酢がメタボ予防のお手伝い


昔からお酢が健康にいい事はよく知られていることですが、最近メタボの解消にも役立つことが解かりました。

古くから伝わる発酵、醸造法で作られたお酢は、血管や血液を若返らせる効果が知られ、実際にとれば高いコレステロール値や中性脂肪値、血圧、血糖値の下がることが、多くの実験で確認されているようです。
そうした中、ミツカングループの研究所で、お酢が内臓脂肪を減らすという試験内容を発表しました。

では、私たちがお酢を摂るのにどうしたらいいのでしょうか?
一口にお酢と言いましても、いろいろな種類があります。
メタボの予防、解消を目的とする場合は、古くからの方法を用いて発酵熟成に時間をかけて造られたお酢であれば、効果に差はないそうです。

これまでの研究から、1日に摂るお酢の量は、大さじ1〜2杯が目安だそうです。
手軽に摂るには、生野菜や豆腐にかけるドレッシングの材料としたり、水で薄めて飲んだりがいいようです。

くれぐれも胃に負担をかけぬように、薄めて飲むことが大切とか。

posted by ムク婆 at 15:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

出雲大社に旧暦10月10日(11月26日)の夜から日本中の神々が集う貴重な大祭が。


神無月(カンナズキ)と呼ばれる旧暦10月は日本国中の八百万の神々が出雲に集まり、さまざまな議題を話し合われると言います。

この月、出雲大社では神在祭と呼ばれる大祭が旧暦10月10日の夜、まず「神迎祭」が行われ、その翌日より7日間行われるお祭りです。

出雲大社は縁結びや美しい拝殿そして5トンもの大注連縄で知られる由緒ある古社でもあります。

古事記には、「私の住むところとして、天子が住まわれるような宮殿を作るのなら、国を譲り世の片隅で静かに暮しましょう」と記されており、大国主命が国を譲る代わり求めて造営されたのが出雲大社と言われているようです。

我が国最古の神社建築を誇り、古来より伊勢神宮と並び称されてきた古社なのです。

出雲大社の縁結びとは、男女の仲だけではなく、全てのものが幸福であるための繋がりを結ぶことなのだとか。

神々と共に出雲の国を旅するなんて、非常に貴重な体験ではないでしょうか?

posted by ムク婆 at 20:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我が家の大感謝祭が無事終了しました


50坪ほどの家庭菜園は、手入れと日当たりが良いせいか、この秋は野菜が大豊作です。

二男の会社の従業員家族を誘って、収穫祭をしました。
どれも素晴らしい出来でしたから、大感謝祭と言うにふさわしいものでした。
参加した5歳の子供は、白いサツマイモや大根、ねぎ、春菊、水菜、レタス、カブなどを摂るたびに「ヤッター」を連発。
大根を抜くのがおもしろかったのか、まだ細いものまで抜いてしまうので、腰痛のためカメラマンをかってでた私は、ハラハラドキドキの連続でしたよ。

ビックリしたのは、一緒に行った孫の愛犬でトイプードルの「ラッキー」が掘りたての白いサツマイモを、がりがり食べたことです。
お腹をこわさないかと心配してみたものの、もしかしてこの白いサツマイモは、相当美味しいのかなとおもってみたり。

この白いサツマイモとは、二男が名産地より苗を取り寄せたものなのでした。
まだ珍しさを眺めている段階で、食べてみてはいないのですが・・・。
どのような味なのか、とても楽しみにしております。

posted by ムク婆 at 16:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第41回東京モーターショー」が我が家から車で10分の幕張メッセで始まりました


車の祭典「東京モーターショー」も今回で41回となりました。

本当のことを言いますと、会場の幕張メッセ近辺は大型ショッピングセンターやアウトレットなどがひしめいている所ですから、短期間とはいえ道路が混雑するのはあまり嬉しくありません。
だって、いろいろな催しがメッセで行われますが、半端じゃないんですよ。
最寄駅から二台連結仕様バスも満員になるほどですから。

でも今回は世界不況のあおりで海外の乗用車メーカーが、ほとんど出展を見送ったそうで、出展企業も前回の半分以下ということです。
そうなりますと、少し寂しい気もするものです。
人出が多ければそれなりに経済効果も期待できるでしょうから。

車のわきでポーズを摂る美女目当ての人もいるようですが、「機能」・「楽しさ」を満載の最新カーはやはり見ものでしょう。

各メーカーは、新型車のデザインを発売直前まで隠すといいますが、モーターショーでは、市販が近い車も完成形に近い姿で展示されますから楽しみなはずです。
新車の購入を考えているのでしたら、絶対会場に足を運ぶ価値はある筈です。
posted by ムク婆 at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

お散歩ウォーキングで夫が3時間行方不明に?


今にも雨が降り出しそうな空模様の今朝、チョット歩いてくると言って出て行った夫が、3時間以上も連絡がつかなくなってしまいました。

散歩を生活の一部に取り入れて、毎日7000歩以上歩いている夫ですが、今朝はあまり帰宅が遅いので、もしや事故か? いや事件? とやきもきする私。

ウエストポーチに納まっているはずの携帯電話も、いくら送信しても無しのつぶて。
普段は家を出て、近くを流れる花見川のサイクリングロードを海に向かって幕張方面に歩き、引き返すコースなのですがチョット帰宅が遅すぎます。
そういえば、先日八海山に行った時30分ほど歩いた地点で、胸が苦しいと言っておりましたっけ。
もしや心筋梗塞? 心不全? 
腰痛でリハビリ中の身ではありますが、同じコースを見に行くべきか?
イヤ。 100メートルは歩けてもそれ以上は無理。
私のほうが帰れなくなるかも・・・。

心配しながら、腰痛であることも忘れて、家の中を歩き回る。

夫が家を出て3時間が過ぎたころ、突然「ただいま!」
幽霊でもなく亡霊でもなく、まぎれもない夫が2本足で玄関に。

心配してひきつり顔で「どうしたの?」と問う私に、ニコニコ顔で夫は「今日から幕張メッセでモーターショウが開かれるので見てきた」と。
アァ!そうでした。
10カ国、100社以上が参加の日本最大の自動車の祭典が開かれるのです。 すでに入場者の列ができ、駐車場待ちの長い車列を見たそう。
で、携帯電話は?と聞きますと、「アレ!無い。 そうだ!昨日充電してそのまま2階に置いてある」ですって。

心配で精神的に疲れた私と、2万歩で体力を使い果たした夫は大笑いしながら、熱い緑茶を飲みました。
やれやれです。
posted by ムク婆 at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

幸せティーブレイク・紅茶には人を幸せにする力が存在!


今、午前10時です。
家事も一段落しいつもの私のティータイムが。

さわやかな目覚めをもたらしたり、落ち込んだ時の癒しとなったり、なぜか紅茶はあらゆる場面で大きな力を発揮してくれるのです。

紅茶は、お湯を沸かして茶葉を蒸らしてからカップに注ぐまで、どうしても時間がかかります。
実はこの時間がポイントなのですが、紅茶と一緒に食べるものを考えたり、好きな音楽に耳を傾けたり・・・その場の雰囲気が自由自在に演出でき、優しい気持ちになるから不思議です。

更に、紅茶は若さを保てるなど、健康にもよいと言われております。

私はセイロンブレンドがさっぱりしていて好みですが、その他の茶葉を数種類用意しておくと、その時の気分や状況にピッタリ合う紅茶が選べます。

紅茶に親しみ、日常生活に幸せを増やしませんか。
posted by ムク婆 at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二世帯近居はこれからの時代の理想的住まいです

平均寿命が年々上がっておりますが、親の事を気にかけながら暮らしている子世帯も多いはず。
子世帯もこんな時、親世帯が近ければ助かるのに・・・と思うことがあるのではないでしょうか?

核家族化が進む中で、昔では考えられない悩みもあると思います。
たとえば、育児で困った時相談する人が近くにいれば、育児に悩むことは無くなりますし、いただき物や作りすぎの惣菜をおすそわけすることで、心の交流が生まれたりするものです。

美容院に行きたいけれど・・とか、たまには夫婦で食事を・・などリフレッシュを求めた時、親世帯が近ければ安心です。

我が家は、子世帯とは車で10分の距離におります。
昨日、孫のクラスでA型インフルエンザが発症したため、学級閉鎖されました。
ママはパートの仕事を持っており、急に休みは取れないようで、親世帯に相談がありました。
預かることに異存はなく、親世帯が預かったのでしたが、孫と昼食を共にして学校や友人の様子を知ることができました。
余った時間に夕飯の用意をし、総菜を孫と共に届けることもできました。  
パートで疲れて帰ったママが大喜びしたことは言うまでもありません。

先日も旅行から帰る途中電話があり、駅まで迎えに来てくれ、家まで送ってもらいました。

このように、お互い持ちつ持たれつの関係は、暮らす家が違うことでプライバシーが保てますし、近居なので助け合うこともあるのです。
二世帯近居って、理想的住まいだと思いませんか?

posted by ムク婆 at 07:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。